データ復旧ソフトウェア

データ復元ツール
ベスト・
セラー

Remo Recover Windows 6.0

すべての新しい強力なデータ回復ソフトウェア

深刻なデータ損失シナリオの下で、任意のストレージデバイスからデータを簡単に回復します。

$99.97

$69.97

1 Month license

今すぐ購入

ファイル修復ツール

ベスト・
セラー

MOV 修復ツール

完全なビデオ修復ツールキット

しっかり再生できないビデオ(MOVとMP4を)修復

$79.97

$69.97

今すぐ購入
ファイ ル修復ツール

Outlookツール

Outlookツール
ベスト・
セラー

Outlook のバックアップと移行

究極の Outlook バックアップツール

電子メールと連絡先をバックアップおよび移動するための安全な方法

$59.97

$49.97

今すぐ購入

Remo ONE

Remo ONE

その他のユーティリティ

その他のRemoツール
ベスト・
セラー

重複写真リムーバー

高度な重複写真ファインダーとクリーナーツール

重複写真を検索して削除し、3のディスク容量を増やします - クリック!!

$29.97

$19.97

今すぐ購入

日本

Windows 10で “出版社が検証されない”という警告をバイパスする方法

Windows PCを使用している場合は、このメッセージを見たことがあります。特に人気のないベンダーのアプリケーションをコンピュータにインストールしようとすると.

このメッセージについて心配することは何もありません。単に無視できるだけの警告です。 ここでは、この問題の原因を要約すると、「Windowsはそのプログラムの発行者を認識できません。」

この説明はあなたにどのように見えますか? 疑問がある場合は、認定されたソフトウェアベンダーのプログラムをインストールしてみてください。 たとえば、同じPCにRemo回復する4.0をインストールしようとします。 おそらく、このようなポップアップが表示されます。

ここでは、Windowsが最初のプログラムでは発生しなかった検証済みの発行元としてプログラムを識別していることがわかります。これは、検証された発行元として承認を取得するようにベンダーに依頼するMicrosoftのポリシーのために発生します。このために、ベンダーは、DigiCertのような信頼できる第三者プロバイダーから自社製品のコード署名証明書を取得する必要があります。消費者は、小売店から購入するシュリンク包装されたプログラムのような、これらの証明書によって駆動されるプログラムを信頼することがよくあります。実際には、コード署名証明書は、第三者によって変更されていないことを証明するためにプログラムを検証するための文書に過ぎません。

しかし、そのようなプログラムがあなたのコンピュータに害を及ぼさないという保証は何ですか?現実には、どのソフトウェアベンダーも、プログラムのコード署名証明書を合計金額で取得することができます。では、そのようなプログラムに悪質な性質がないことをどうやって保証できますか?

また、検証されていないプログラムがシステムを混乱させると盲目的に考えることはできません。したがって、プログラムが検証されているか未検証であるかどうかは関係ありません。時にはこれらのプログラムがPCを危険にさらす可能性があります。

未確認のプログラムを実行する前に行うべき注意

検証されたプログラムを実行することが常にベストですが、セキュリティ警告を無視して未知のソースからプログラムを実行する場合は、少なくともシステム復元ポイントを作成することをお勧めします。何か問題が発生した場合、システムを以前の動作状態に復元することができます。

Windows 10で任意のパブリッシャからファイルをブロック解除する方法

1の方法

あなたのWindows 10 PCに未知のパブリッシャからプログラムをインストールしようとしているときに、「このファイルを開くよう常に尋ねる」というチェックボックスが表示されている可能性があります。 チェックボックスにチェックを入れてください。 次回は、その特定のファイルを開こうとすると、パブリッシャーが警告を確認できないことはわかりません。

2の方法

ファイルを右クリックし、プロパティオプション。 [全般]タブの下部に、[このファイルは別のコンピュータからのもので、このコンピュータを保護するためにブロックされている可能性がある]というセキュリティタブが表示され、その右側に[ブロック解除]チェックボックスが表示されます。

注:この方法は、ファイルがアカウントに許可されている場所にある場合にのみ機能します。 たとえば、デスクトップ、ダウンロード、ドキュメント …

3の方法上級ユーザー向け

  1. “Windows + R”キーを押して “Run Utility”を起動します。
  2. mscと入力してEnterキーを押し、ローカルグループポリシーエディタにアクセスします。
  3. “ユーザー構成” – > “管理用テンプレート” – > “Windowsコンポーネント” – > “添付ファイルマネージャ”を選択します。
  4. ウィンドウの右ペインには、特定の設定が表示されます。 あなたは “中程度のリスクファイルタイプのための包含リスト”を開く必要があります。
  5. ポリシー設定を[有効]に設定し、[オプション]テキストボックスに、ハイリスクファイル拡張子をピリオドで区切って指定します。
  6. システムをログオフし、再度ログインしてください。 あなたは将来的にあなたの特定のファイルの種類の警告「を出版社が検証できませんでした」を参照してくださいことは決してないだろう。
Default image
John Harris

Senior Editor, Content Analyst and a fan of exceptional customer service. John develops and publishes instructional and informational content regarding partition management, Windows hot-fixes, data management and computer troubleshooting.

As a tenured data recovery specialist, John shares exceptional insights and blog posts about data loss and data recovery across any storage device. With 8+ years’ experience in writing for Data Recovery for both Mac OS and Windows OS computers, he is an avid learner who always wants to polish and simplify the data recovery process. John passes his free time playing Chess and reading Science Fiction novels.

Articles: 62

Leave a Reply