マクロのショートカットをMicrosoft Office Wordに追加する方法?

マクロは、Wordアプリケーションのバックグラウンドで実行される短いコードです。 マクロを作成してドキュメントを開いたり、ドキュメントを書式設定したり、数式を実行したり、キーボードで入力できるものを実行したりすることができます。 同じ操作を頻繁に実行する場合は、これらの操作用に1つのマクロを作成するだけで、Wordがそれらの操作を自動的に実行します。 これは、プログラミングの知識や専門性を必要としません。 マクロレコーダーを使用して一連のアクションを記録することにより、マクロを作成できます。 最初にマクロを作成して作成すると、そのマクロを特定のキーの組み合わせに割り当てることができます。 実際には、タスクを実行している間に押したすべてのクリックとキーストロークを記録し、それらを再生してドキュメント上で同じアクションを実行することができます。 Microsoft Office Wordでマクロを作成する手順は次のとおりです: 「表示」に移動し、「マクロ」で「マクロの記録」を選択します。 (Word 2003では、[ツール] – > [マクロ] – > [マクロの記録]をクリックします) “マクロ名”ボックスにマクロの名前を割り当てます 次に、マクロを保存する「マクロを保存」ボックスでテンプレートまたはドキュメントをクリックするだけです [説明]ボックスに新しく作成したマクロの説明を入力します “OK”を押すと、マクロ記録が開始されます。 これで、マクロはすべてのキーストロークとマウスクリックを記録します さて、マクロで置き換えたいアクションを実行してください 一度、あなたの文書の入力とあなたが記録に必要なアクションを完了し、この使用のためのマクロ記録を停止する: “マクロ” – > “記録を停止する” これでマクロが保存されます。 マクロを実行するには、[表示] – > [マクロ]を選択します。 [マクロ名]で、実行するマクロをクリックします。 [実行]ボタンをクリックします。 キーボードショートカットを追加する: マクロは正常に実行され、記録されたすべてのタスクを実行する必要があります。 実行する必要があるたびにマクロを実行するには、時間消費を減らすために、作成時にマクロにキーボードショートカットを割り当てることができます。 キーボードショートカットを既存のマクロに割り当てるには、次の手順を実行します: ファイル – >オプションを選択します。 [リボンのカスタマイズ]をクリックします。 ダイアログボックスの下部にある[キーボードショートカット]の横にある[カスタマイズ]ボタンをクリックします。 「キーボードのカスタマイズ」ダイアログボックスが表示されます [カテゴリ]リストで、リストの一番下までスクロールし、[マクロ]をクリックします。 現在のドキュメントまたはテンプレート内のマクロのリストが[マクロ]リストに表示されます リストにマクロが表示されない場合は、マクロリストオプションの下にある[変更を保存する]オプションでドキュメント名をチェックアウトし、マクロを作成した正しいドキュメント名を指定します 今すぐ、ショートカットを割り当てる必要があるマクロを選択します 次に、選択したショートカットキー(簡単に覚えておくことができます)を入力します。これは、同じウィンドウにある「キーボードショートカット」オプション 次に、「閉じる」を押すだけで、 マクロを作成したのと同じドキュメントにショートカットキーを押してみてください。 マクロは完全に実行され、記録されたすべてのアクションを実行する必要があります。 それは非常に簡単ではないですか? ただし、マクロを記録するとき、特にキーボードショートカットを割り当てるときは注意してください。 間違ったオプションや間違ったキーを間違って選択すると、Word文書が破損する可能性があります。 小さな間違いはあなたのWord文書全体を損なうでしょう。 しかし、そのような例に遭遇すると、心配する必要はありません Remo Wordを修復 簡単にできるツール 修復破損Wordテンプレート いくつかの簡単なマウスクリックで。 したがって、マクロを作成したり、ショートカットキーを割り当てることさえできます。   Remo Softwarewww.remosoftware.com/

Microsoft Word 2010のショートカットキー

Microsoft Word 2010は、ワープロ用の効率的なアプリケーションの1つで、世界中で使用されています。 ワードプロセッサは、企業の世界、家庭、教育の中で、多様な用途とアプリケーションを持っています。 PCを使用しているほとんどのユーザーが、Wordアプリケーションを使用してWordファイルを読み取ることができるため、Wordファイルは電子メールでテキストファイルを送信するための形式として一般的に使用されます。 この記事では、マウスやタッチパッドを使用せずにWordに簡単にアクセスできるMS Word 2010で動作するショートカットキーをいくつか紹介します。 これらのショートカットキーの助けを借りて、細心の注意を払ってタブを探すためにマウスを使ってPCのウィンドウ画面をナビゲートするのに必要な時間を短縮することができます. MS Word 2010のショートカットキーのリスト 1. Word文書を管理します Ctrl+ N 新しいWord文書を作成する Ctrl + O Word文書を開く Ctrl + W Word文書を閉じる Ctrl + S Word文書を保存する F12 Word文書を次のように保存する Ctrl + P Word文書の印刷/印刷プレビュー Ctrl+F6 複数のWord文書を切り替える Alt, 次に f, r 最近開いたファイル(最近のファイル)   2. ドキュメント内をナビゲートする 左矢印/右矢印 1文字を左または右に移動する Ctrl +左矢印/ Ctrl +右矢印 1語を左に/右に移動する 終了/ホーム 行の終わりに移動する/行の先頭に移動する 矢印ダウン/矢印アップ 1行下/ 1行下に移動する Ctrl +矢印下/ Ctrl +上矢印 1段落を下に/ 1段上に移動する ページダウン/ページアップ 1画面下/ 1画面上に移動 Alt + Ctrl + Page Down / Alt + Ctrl Page Up 可視ウィンドウの上/下にジャンプする Ctrl + End / Ctrl + Home 文書の先頭または末尾にジャンプする F6 サイクルリボン/開いているペイン/ステータスバー/ドキュメントウィンドウ Ctrl + gまたはf5 ページ、ブックマーク、脚注、表、コメント、グラフィック、または他の場所に移動する Alt + Ctrl + z ワード文書の編集済みの位置に戻る(最大4か所) Shift +

Microsoft Access 2010のショートカットキー

Microsoft Accessは、データベースシステムを管理するためのアプリケーションの1つであり、アプリケーションのMicrosoft Officeスイートが付属しています。 このアプリケーションを使用してレコードのデータベースを管理している場合は、頻繁に使用するコマンドと操作のショートカットキーの一部を知っていることをお勧めします。これにより、時間が節約され、タスクをすばやく実行できます。 以下では、MS Access 2010の便利なショートカットキーのいくつかについて説明し、それらのキーを可能な限り使用しようとしています. データベースの管理 Ctrl + N:新しいデータベースを開くか作成する Alt + F4:アクセスを終了する F12:名前を付けて保存 ダイアログボックスを開く Ctrl + S:データベースオブジェクトを保存する Ctrl + P:選択したオブジェクトを印刷する ウィザーズ タブ:フォーカスをウィザードのコントロール間で切り替える Alt + F:ウィザードを完了する Alt + N:ウィザードの次のページに移動する Alt + B:ウィザードの前のページに移動する 検索と置換 Ctrl + F:検索と置換ダイアログボックス Ctrl + H:ダイアログボックスを置き換える Shift + F4:次を検索 テキストボックス ホーム/ End:開始/移動をエントリの最後に移動する Ctrl +矢印左:1語を左または右に移動する シフト+ホーム:カーソルから選択して終了 データを挿入する Ctrl +; 現在の日付を挿入する Ctrl+; 現在の時刻を挿入する Ctrl + Alt +スペース:フィールドのデフォルト値を挿入する Ctrl + +:新しいレコードを追加する Ctrl +入る:新しい行を挿入する シフト+入る:現在のレコードに変更を保存する その他のショートカット F2:ハイパーリンクを表示する F7:スペルチェック Ctrl + F2:ビルダーを起動する Alt +入る:デザインビューでプロパティシートを表示する Ctrl +矢印右:転送を切り替える 上記のショートカットキーに従うことで、MSアクセスのアクションを簡単に実行するのに役立ちます。 しかし、これらのキーワードをすべて覚えておくことは困難です。 毎日の練習で簡単に学ぶことができます。 誤ってそのファイルを削除した場合、またはウイルスやマルウェアの脅威のために紛失した場合は、 Remo データリカバリソフトウェア すべての機能を備えています 削除されたアクセスファイルを復元する いくつかの簡単なステップでそのまま維持しています。   Remo Softwarewww.remosoftware.com/

Windowsの10でOffice 2016のための問題と修正

Office 2016を使用している場合、Windows 10でMS Wordがクラッシュしたり、Officeアプリケーションが見つからないなど、問題が発生しても驚くことはありません。 Windows 10のアップデートでさえ、Microsoft Officeの誤動作の原因となることがあります。 この記事では、Office 2016のいくつかの問題とその修正点をWindows 10で確認します。 問題1:Windows 10でMicrosoft Office 2016がクラッシュする Windows 10に更新した後、新しいOfficeアプリケーションを開こうとすると、アプリケーションが正常に動作しなくなり、クラッシュするというエラーが発生します。 その結果、WordやExcelなどのアプリはすぐに終了する必要があります。 修正:これを簡単かつ簡単に行うには、PCを再起動する必要があります。 それでも問題が解決しない場合は、Windowsの組み込み修復ツールを使用して修復を試みることができます。 それがどのように行われるか見てみましょう。 スタートメニューを右クリックし、コントロールパネル 下のプログラム選択するプログラムのアンインストール. 修復したいMicrosoft Officeを選択し、右クリックして 画面が表示され、“どのようにOfficeプログラムを修復しますか” 選択するオンライン修理. これにより、すべてのファイルが修復されます。. クイックリペアを選択することもできますが、速く実行されますが、破損したファイルを検出して置き換えるだけです。 オンライン修復は完全な修復を行いアンインストールするのに対し、時間がかかります。 これがうまくいかない場合は、Wordファイルがまだ開かれていないと表示されたら、ファイル修復ツールを使用して問題を解決できます 破損したWord文書を修正する それを健全な状態に復元します。 このソフトウェアは、Word文書とは別に、Excel、PowerPointなどのすべてのOfficeアプリケーションを修正します。 問題2:Windows 10へのアップグレード後にOfficeアプリケーションが見つからない 修正:この問題は、Windows 10アップデートで解決されました。 ただし、まだ更新されていない場合、または11月の更新プログラムをインストールできない場合は、Windows 10の更新プログラムをインストールするまで、下記の方法を使用してください。 方法1:開始をクリックし、ExcelまたはWordのようなアプリケーション名を入力します。 入力中に検索結果が自動的に表示されます。 今、プログラムをクリックして開きます。 方法2:Windowsアイコンをクリックし、[すべてのアプリケーション]をクリックします。 次に、探しているアプリケーションの名前までスクロールダウンします。 先端: Officeアプリケーションをより速く開くには、タスクバーに固定することができます。 そうするために。 アプリケーションの名前を右クリックして、 タスクバーに固定または開始するピン. 問題3:Windows 10の更新後にファイルを保存または開くことができない 修正: ファイルを開いたり保存したりするときに問題に直面している場合、ここではほとんどの人のために働く解決策です. [スタート]メニューを右クリックし、[コマンドプロンプト(管理者)]. コマンドを入力してくださいcd %userprofile% ヒット さて、タイプcd folder_name プレス入る. そのタイプの後icacls %userprofile%\ folder_name /inheritance:e  問題4:MS Office 2016がWindows 10で動作しない 修正: Office 2016がWindows 10での作業を停止するため、さまざまな側面があります。したがって、この問題に対する決定的な解決策はありません。 しかし、問題を解決するにはさまざまな方法がありますが、我々はそのような修正を以下に挙げました。 これは例としてあなたを示すためにExcel上で行われています。 MS Excelを開き、上のクリックファイルタブをクリックしてからオプション. Excelのオプションウィンドウで、をクリックしますAdd-ins 左側のサイドバーから. アドインウィンドウの下部にある管理ドロップダウンメニューからAdd-Ins クリック行こう. 今度は、アドインを一度に1つずつオフにし、その後でステータスを確認してください. これを行うと、問題を引き起こしているアドインを知ることができます。 アドインが根本的な原因である場合、それらを無効にすると問題が解決されます。 結論 これらの回避策を使用すると、MS Officeの問題をWindows 10で簡単に修正できます。Microsoftは最新のWindows 10アップデートでいくつかの問題を修正しました。 Officeアプリケーションには他にも多くの機能が追加されました。   Remo Softwarewww.remosoftware.com/

Adobe Photoshopの7のショートカット

Adobe Photoshop 7のショートカットは、マウスやタッチパッドにアクセスすることなく、Adobe Photoshopで簡単に作業できます。 これらのショートカットを使用すると、マウスの移動に要する時間を短縮し、特定のタブの検索を最小限に抑えることができます。 通常のマウスユーザーの場合は、これらのショートカットを適用するのが難しい場合があります。 しかし、一度これらのショートカットに慣れると、その違いに気づくでしょう。 実際には、このPhotoshop 7ツールを使用するために何百ものショートカットがありますが、すべてがそれほど重要ではありません。 代わりに、頻繁に使用されるものを書き留めて、毎日これらのショートカットキーを使用するようにしてください。 一般的に使用され、簡単に呼び出せるショートカットのいくつかを以下に示します: 関数 キーの組み合わせ 操作をキャンセルするには Esc または Ctrl +. (期間) 画像を閉じる Ctrl  + W 画像を開く Ctrl  + O プレビュー画像を印刷する Ctrl  + P ページ設定 Ctrl  + Shift + P 一般的な設定 Ctrl  + K 使用されたすべての設定を表示するには Ctrl + Alt + K Photoshopを終了する Ctrl + Q 名前を付けて保存 Ctrl  + Shift + S 新しいレイヤーを挿入する Ctrl  + N レイヤをマージする Ctrl  + E 見えるマージ Ctrl + Shift + E コピーを介してレイヤーを移動する Ctrl + J 切り抜きによるレイヤの移動 Ctrl + Shift + J コピーした値を貼り付ける Ctrl + V or F4 すべてのレイヤーを選択 Alt  +  Ctrl  +  A 選択範囲を反転 Ctrl + I 開かれた文書をWebに保存する Ctrl  +