データ復旧ソフトウェア

データ復元ツール
ベスト・
セラー

Remo Recover Windows 6.0

すべての新しい強力なデータ回復ソフトウェア

深刻なデータ損失シナリオの下で、任意のストレージデバイスからデータを簡単に回復します。

$99.97

$69.97

1 Month license

今すぐ購入

ファイル修復ツール

ベスト・
セラー

MOV 修復ツール

完全なビデオ修復ツールキット

しっかり再生できないビデオ(MOVとMP4を)修復

$79.97

$69.97

今すぐ購入
ファイ ル修復ツール

Outlookツール

Outlookツール
ベスト・
セラー

Outlook のバックアップと移行

究極の Outlook バックアップツール

電子メールと連絡先をバックアップおよび移動するための安全な方法

$59.97

$49.97

今すぐ購入

Remo ONE

Remo ONE

その他のユーティリティ

その他のRemoツール
ベスト・
セラー

重複写真リムーバー

高度な重複写真ファインダーとクリーナーツール

重複写真を検索して削除し、3のディスク容量を増やします - クリック!!

$29.97

$19.97

今すぐ購入

日本

システムの復元を使用してWindows 10の問題を解決する方法

以前のバージョンと比較して、Windows 10はより安定しています。デバイスガード、Microsoft Passport、Windows Helloなどのセキュリティ機能は、現代的で安全なオペレーティングシステムのPCユーザーのクエストを減らすことができます。しかし、問題が発生した場合は、システム設定を元の状態に戻すために手動で介入する必要があります。

ここでは、Windows 10でシステムの復元が必要な理由と、復元ポイントを作成する方法を理解できます。

Windows 10は、以前のバージョンよりも安全であると考えられていますが、不適切なソフトウェアのインストール/アンインストール、Windowsの更新中のエラーなどによりクラッシュする可能性があります。

以前のバージョンで利用可能だったオプションとWindows 10 System Restoreオプションにはかなりの違いがあります。しかし、Windowsの設定とプログラムを以前の作業状態に戻すという基本的な考え方も同じです。復元ポイントを手動で作成するか、Windows更新プログラムのインストール中に作成された自動生成復元ポイントを使用できます。

注:Windows 10で「このPCをリセットする」オプションを見つけることさえできます。これは、我々が話しているシステムの復元とはまったく異なります。これは実際にあなたの設定を更新することを意味しています。あなたの設定を購入したときやWindows 10を最初にインストールしたときの初期状態にロールバックします。

手動でWindows 10の復元ポイントを作成する方法

デフォルトでは、Windows 10ではシステムの復元オプションが無効になっていますが、これは簡単に変更できます。方法は次のとおりです。

システムプロパティ – >システム保護タブに移動します。システムの復元を有効にする必要のあるドライブを選択し、[構成]を選択します。

システムの復元を使用してWindows 10の問題を解決する方法

[復元設定]セクションの[システム保護]ボタンをオンにします。また、システム保護に使用するディスク容量を調整することもできます。

ここで、[システム保護]タブの[復元ポイントの作成]ボタンが表示されます。テキストボックスをクリックしてテキストボックスを開き、テキストボックスに、作成している復元ポイントを識別する説明を付けます。

システム保護タブの無効化されたシステム復元ボタンがアクティブになります。システムクラッシュ時には、セーフモードでシステムにログインしてこのオプションを使用できます。

システムの復元は、最後の正常な構成にPCの状態をロールバックするための簡単な方法ではありません。それでも、Windows 10のPCでMicrosoftがデフォルトでこのオプションを無効にした理由はわかりません。

紛失したアイテムを元に戻すもう1つの方法は、データ復旧ツールの助けを借りることです。 Remoデータ回復ソフトウェアは、あなたのアイテムを効率的に取り出すことができる1つのソフトウェアです。詳しくはこちら Remo データリカバリソフトウェア ここに。

 

Microsoftが復元ポイントをデフォルト設定で有効にする必要がありますか?

コメントであなたの意見を共有してください!

 

Default image
Remo Software
Articles: 751

Leave a Reply