MacOS Sierraで隠しファイルを表示または非表示にする方法

Mac OS X Sierraでは、一部のファイルがデフォルトで隠されているようです。 これらの隠しファイルをMacに表示させたり、いくつかの設定を手動で変更していくつかのファイルを非表示にすることができます。 ほんの少しのステップが必要です。

最近Sierraにアップグレードし、隠しファイルの表示/非表示のプロセスを知りたい方には、簡単で簡単な2つのアプローチがあります。

#方法1時には長い道のりをとる方がよい場合もあります!

ここでは、Mac OS Sierraの隠しファイルを表示する方法と表示する方法…

  • Macドックで「Finder」を選択してから、アプリケーション>ユーティリティを選択し、ターミナルアイコンを選択します
  • ターミナルウィンドウで、コマンド ‘defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles YES‘を入力し、Enterキーを押します。
  • ターミナルメニューから「ターミナルを終了」を選択し、ターミナルプログラムから戻る
  • ‘Option / alt’キーを押したままにして、ドック内のファインダアイコンを右クリックし、下の図のように「再出発」をクリックします

これはすべての隠しファイルを表示する必要があります。 このプロセスを取り消すには、ファイルを再び隠すことを意味します。上記の手順は同じですが、変更されたターミナルコマンド:

‘defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles NO’

#方法2: エイリアスの使用

Aliasは、1つ以上のコマンドの簡単なショートカットです。

この方法では、まずMac Sierra上でファイルを隠して表示するためのaliasコマンドを設定する必要があります。 後で、そのエイリアス名を任意の回数だけコマンドとして使用できます。 したがって、長い道のりを減らす。 以下は、長いコマンドラインを1つのコマンドで実行する手順です。

これはエイリアスコマンドを作成するための設定です:これは一度の設定で、ファイルを表示/非表示にするたびにエイリアスを設定して設定するだけです。

  • ターミナルを開く
  • コマンドを入力します – sudo nano〜/ .bash_profile
  • 必要に応じてMacの管理パスワードを入力し、その後ヒットリターン
  • 開いている.bash_profileファイルの一番下に、コマンド –

alias showFiles=’defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles YES; killall Finder /System/Library/CoreServices/Finder.app’

  • それから、– ‘alias hideFiles=’defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles NO; killall Finder /System/Library/CoreServices/Finder.app’
  • ctrl + O を押し、ファイルを保存するためにリターンキーを押す
  • その後、Ctrl + Xキーを押してファイルを終了し、コマンドラインに戻ります。
  • コマンド ‘source〜/ .bash_profile’を入力してプロファイルを更新し、エイリアスを利用可能にします

これからは、隠しファイルを表示したいときは、ターミナルに “showFiles“、ファイルを隠すために “hideFiles“と入力するだけです。

これらは単にMac上の2つのターミナルコマンドではありません。ターミナルコマンドを少し深く掘り下げてみると、MacをカスタマイズしてMacターミナルでマスターできる多くの方法があります。 実際には、クラッシュ後にMacを自動的に再起動させることも可能です! これを行うコマンドは次のとおりです。

‘sudo systemsetup –setrestartfreeze’

場合によっては、Macクラッシュが重要な問題に変わることがあります。そのため、重要なデータを失う可能性があります。 このような状況で泣いたり叫んだりしない場合は、Mac用のRemoデータ復旧ソフトウェアを使用し、 Macクラッシュしたハードディスクからファイルを復元する 簡単なステップで.”

この記事で紹介しているターミナルコマンドは、作業フローを向上させ、OS X El CapitanとYosemite、およびSierraでこれらのコマンドを使用することができます。 最初の方法で使用されるコマンドは、最も長い命令セットのように見えるかもしれませんが、数分を費やす価値があります。 非常に頻繁にファイルを非表示/表示したい場合は、方法2が最良の選択肢になります.

 

MacOS Sierraで隠しファイルを表示または非表示にする方法 was last modified: 12月 6th, 2019 by Remo Software

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*