Microsoft Access 2010のショートカットキー

Microsoft Accessは、データベースシステムを管理するためのアプリケーションの1つであり、アプリケーションのMicrosoft Officeスイートが付属しています。 このアプリケーションを使用してレコードのデータベースを管理している場合は、頻繁に使用するコマンドと操作のショートカットキーの一部を知っていることをお勧めします。これにより、時間が節約され、タスクをすばやく実行できます。 以下では、MS Access 2010の便利なショートカットキーのいくつかについて説明し、それらのキーを可能な限り使用しようとしています.

データベースの管理

  • Ctrl + N:新しいデータベースを開くか作成する
  • Alt + F4:アクセスを終了する
  • F12:名前を付けて保存 ダイアログボックスを開く
  • Ctrl + S:データベースオブジェクトを保存する
  • Ctrl + P:選択したオブジェクトを印刷する

ウィザーズ

  • タブ:フォーカスをウィザードのコントロール間で切り替える
  • Alt + F:ウィザードを完了する
  • Alt + N:ウィザードの次のページに移動する
  • Alt + B:ウィザードの前のページに移動する

検索と置換

  • Ctrl + F:検索と置換ダイアログボックス
  • Ctrl + H:ダイアログボックスを置き換える
  • Shift + F4:次を検索

テキストボックス

  • ホーム/ End:開始/移動をエントリの最後に移動する
  • Ctrl +矢印左:1語を左または右に移動する
  • シフト+ホーム:カーソルから選択して終了

データを挿入する

  • Ctrl +; 現在の日付を挿入する
  • Ctrl+; 現在の時刻を挿入する
  • Ctrl + Alt +スペース:フィールドのデフォルト値を挿入する
  • Ctrl + +:新しいレコードを追加する
  • Ctrl +入る:新しい行を挿入する
  • シフト+入る:現在のレコードに変更を保存する

その他のショートカット

  • F2:ハイパーリンクを表示する
  • F7:スペルチェック
  • Ctrl + F2:ビルダーを起動する
  • Alt +入る:デザインビューでプロパティシートを表示する
  • Ctrl +矢印右:転送を切り替える

上記のショートカットキーに従うことで、MSアクセスのアクションを簡単に実行するのに役立ちます。 しかし、これらのキーワードをすべて覚えておくことは困難です。 毎日の練習で簡単に学ぶことができます。 誤ってそのファイルを削除した場合、またはウイルスやマルウェアの脅威のために紛失した場合は、 Remo データリカバリソフトウェア すべての機能を備えています 削除されたアクセスファイルを復元する いくつかの簡単なステップでそのまま維持しています。

 

Microsoft Access 2010のショートカットキー was last modified: 12月 5th, 2019 by Remo Software

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*