MicrosoftOutlookのキーボードショートカット

MS Outlookアプリケーションは、世界で最も広く使用されている電子メールクライアントの1つであり、このデスクトップアプリケーションはMicrosoftOfficeパッケージにバンドルされています。 Outlookは、ビジネス環境でのコミュニケーション目標に非常に役立ちます。Outlookには、電子メール、カレンダーアイテム、連絡先、メモ、タスクなどの属性が格納されます。 Outlookの作業をより楽しくするために、Outlookプロファイルでの作業中にすばやく移動するのに役立つすべてのキーボードショートカットのリストを以下に示します。

基本操作:-

目的 ショートカットキー
メールに移動 CTRL+1
カレンダーに移動 CTRL+2
連絡先に移動 CTRL+3
タスクに移動 CTRL+4
ノートに移動 CTRL+5
フォルダリストに移動 CTRL+6
ショートカットに移動 CTRL+7
ジャーナルに移動 CTRL+8
フォルダリストとOutlookのメインウィンドウを切り替える F6 or CTRL+SHIFT+TAB
Outlookウィンドウ内を移動する TAB
別のフォルダに移動します CTRL+Y
リスト内の電子メールメッセージを展開または折りたたむ 左右の矢印キー

アイテムの場合:-

目的 ショートカットキー
アクティブな要素の表示のヒント SHIFT+F1
保存する CTRL+S or SHIFT+F12
保存して閉じ、送信 ALT+S
名前を付けて保存 F12
元に戻す CTRL+Z or ALT+BACKSPACE
削除 CTRL+D
プリント CTRL+P
アイテムをコピーする CTRL+SHIFT+Y
アイテムを移動する CTRL+SHIFT+V
名前を確認してください CTRL+K (using the Outlook e-mail editor)
スペルチェックする F7
フォローアップのための旗 CTRL+SHIFT+G
前方 CTRL+F
すべて送信/投稿/招待 ALT+S
アイテムを探す F3 or CTRL+E
アイテム内のテキストを検索する F4
テキスト検索中に次を検索 SHIFT+F4
高度な検索を使用する CTRL+SHIFT+F
新しい検索フォルダを作成します CTRL+SHIFT+P
フィールドでの編集をオンにします(アイコンビューを除く) F2

アイテムまたはファイルのショートカットの作成:-

目的 ショートカットキー
任命 CTRL+SHIFT+A
コンタクト CTRL+SHIFT+C
配布リスト CTRL+SHIFT+L
ファックス CTRL+SHIFT+X
フォルダ CTRL+SHIFT+E
仕訳記入 CTRL+SHIFT+J
ミーティングリクエスト CTRL+SHIFT+Q
メッセージ CTRL+SHIFT+M
CTRL+SHIFT+N
新しいOfficeドキュメント CTRL+SHIFT+H
このフォルダに投稿する CTRL+SHIFT+S
検索フォルダ CTRL+SHIFT+P
タスク CTRL+SHIFT+K
タスクリクエスト CTRL+SHIFT+U

メールのショートカット:-

目的 ショートカットキー
受信トレイに切り替えます CTRL+SHIFT+I
送信トレイに切り替える CTRL+SHIFT+O
メッセージの送信元のアカウントを選択します CTRL+TAB ([宛先]行に焦点を合わせて)次に[アカウント]ボタンにTabキーで移動します
メールを完全に削除する Shift+Delete
送信 ALT+S
メッセージに返信する CTRL+R
メッセージにすべて返信する CTRL+SHIFT+R
メッセージを迷惑メールではないものとしてマークする CTRL+ ALT+J
ブロックされた外部コンテンツを(メッセージで)表示する CTRL+SHIFT+I
フォルダに投稿する CTRL+ SHIFT+S
新着メールを確認する CTRL+M or F9
次のメッセージに移動 UP ARROW
前のメッセージに移動します DOWN ARROW
上の行に移動します(メッセージまたはグループの見出し) ALT+ UP ARROW
下の行に移動します(メッセージまたはグループの見出し) ALT+ DOWN ARROW
新しいメッセージを作成する CTRL+N
受信したメッセージを開く CTRL+O
アドレス帳を表示します CTRL+SHIFT+B
HTMLまたはRTFメッセージをプレーンテキストに変換します CTRL+SHIFT+O
メッセージにクイックフラグを追加する INSERT
フォローアップのフラグダイアログボックスを表示する CTRL+SHIFT+G
既読にする CTRL+Q
写真をダウンロードする/自動ダウンロード設定を変更する/セーフセンダーリストにセンダーを追加するメニューを表示します CTRL+SHIFT+W

コンタクト:-

目的 ショートカットキー
ダイヤル CTRL+SHIFT+D
検索アドレス帳 F11

タスク:-

目的 ショートカットキー
受け入れる ALT+C
低下 ALT+D

カレンダー:-

目的 ショートカットキー
受け入れる ALT+C
低下 ALT+D

送受信:-

目的 ショートカットキー
すべてを送受信します F9
ヘッダー、アイテム、添付ファイルなどのすべてのアイテムを取得することにより、現在のフォルダーの送受信操作を開始します。 SHIFT+F9

Web情報を追加する:-

目的 ショートカットキー
アイテムの本文のURLを編集する CTRL+マウスの左ボタン
Webブラウザを指定する SHIFT+マウスの左ボタン
ハイパーリンクを挿入する CTRL+K (Wordをメールエディタとしてのみ使用する場合)

上記のショートカットとは別に、Outlookには他にも多くのショートカットがあります。 ただし、これらのショートカットが簡単な場合は、電子メールの削除などの多くの問題に直面することもあります。 ユーザーは、Shift + Deleteキーの組み合わせを使用して誤ってメール/要素を削除する可能性があります。 このショートカットキーを使用して削除された要素は、削除されたアイテムにリダイレクトされません。 また、Outlookを不適切に閉じることが原因で、PSTファイルが破損し、電子メールやその他のOutlookアイテムにアクセスできなくなることがよくあります。 ただし、幸いなことに、これらのOutlookアイテムは、次のような信頼性の高い修復ユーティリティを使用してPSTファイルを修正することで復元できます Remo修復OutlookPST ソフトウェア。

MicrosoftOutlookのキーボードショートカット was last modified: 8月 23rd, 2021 by Remo Software

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*