データ復旧ソフトウェア

データ復元ツール
ベスト・
セラー

Remo Recover Windows 6.0

すべての新しい強力なデータ回復ソフトウェア

深刻なデータ損失シナリオの下で、任意のストレージデバイスからデータを簡単に回復します。

$99.97

$69.97

1 Month license

今すぐ購入

ファイル修復ツール

ベスト・
セラー

MOV 修復ツール

完全なビデオ修復ツールキット

しっかり再生できないビデオ(MOVとMP4を)修復

$79.97

$69.97

今すぐ購入
ファイ ル修復ツール

Outlookツール

Outlookツール
ベスト・
セラー

Outlook のバックアップと移行

究極の Outlook バックアップツール

電子メールと連絡先をバックアップおよび移動するための安全な方法

$59.97

$49.97

今すぐ購入

Remo ONE

Remo ONE

その他のユーティリティ

その他のRemoツール
ベスト・
セラー

重複写真リムーバー

高度な重複写真ファインダーとクリーナーツール

重複写真を検索して削除し、3のディスク容量を増やします - クリック!!

$29.97

$19.97

今すぐ購入

日本

在宅勤務中のOutlookハンドブック| COVID-19(新型コロナウイルス感染症)(#文字数制限がない場合、初出時にかっこ書きを追加

このCOVID-19危機の間、あなたは家で働いていますか? こちらがOutlookハンドブックです! Outlookエラーを簡単に修正し、Outlookデータを安全にバックアップし、効率的にOutlookをパーソナライズする方法を学びましょう!

<H1>

在宅勤務中のOutlookハンドブック| COVID-19(新型コロナウイルス感染症)(#文字数制限がない場合、初出時にかっこ書きを追加

<Body>

会議のスケジュールからレポートの送信まで、Microsoft Outlookは専門的なコミュニケーションと活動の中心です。 私たちのほとんどは、Outlookで日常の問題を解決するためにITサポートに依存していましたが、パンデミックはその贅沢を取り除きました。 

このような場合、Outlookのダウンタイムを処理し、Outlookデータのエクスポート、セットアップ、または転送に自立する方法を学ぶことは非常に役立ちます。 また、少し調整して整理することで、Outlookの作業ルーチンを一新して生産性を向上させることができます。

このブログ投稿は、Outlookユーザー向けのハンドブックとして作成されています。 さまざまなOutlookエラーを簡単に修正するための答えを見つけ、Outlookプロファイルを安全にバックアップおよび移行し、Outlookを効率的にパーソナライズします。

1) 一般的なOutlookエラーを修正する

Outlookが開きませんか? メールを送受信できませんか? のような課題 さまざまなMicrosoft Outlookエラーの修正 専門家の助けがなければ、適切なメールを適切なタイミングで見つけ、チームで調整し、在宅勤務中にコミュニケーションをとることは、困難で面倒な場合があります。 上をクリックしてOutlookのエラーの修正を開始し、問題なくメールを送受信します。

2) Outlookの移動またはバックアップ

在宅勤務への移行が求められています。 Outlookデータを別のメールアカウントまたはOutlookバージョンに移動する必要があります。 ワークステーションを変更するときに、Outlookプロファイルを新しいコンピューターに完全に移行する必要がある場合があります。 一部のユーザーは、ストレージが不足しているため、Outlookデータをアーカイブまたはバックアップすることもできます。

タスク、会議、カレンダー、連絡先を含むOutlookデータファイルのエクスポート、インポート、および移行の詳細については、上記をクリックしてください。

3) Outlookの使用を整理および強化する

Covid-19のパンデミックと戦うことは、落ち着いて家で仕事をすることです。 自宅での作業には独自の課題があり、このような場合に専門的に成長するためには、熱心で迅速な学習者であることが必要です。さらに重要なのは、日常業務の障害を克服するために自立することです。 Outlookの生産性を高めることができる簡単なトリックに直接ジャンプするには、上記をクリックしてください

一般的なMicrosoft Outlookのエラーと無料で修正する方法

匿名の調査によると、すべてのMicrosoft Outlookユーザーの少なくとも55%で、いずれかの時点でエラーが発生しています。 Outlookのエラーが最も気になるのは、Outlookを開くことができないか、電子メールの送受信を停止することです。

いくつかの一般的なOutlookエラーと、それらを無料で修正するためのさまざまな方法を示します

  1. Outlook送受信エラー
  2. 古いメールが別のコンピューターに表示されない
  3. Outlookエラーを開けません
  4. メールを送信するたびにパスワードを要求するOutlook
  5. Outlookが頻繁にクラッシュする
  6. OSTファイルの同期エラー

Outlook送信受信エラーを修正する方法?

Outlookの送受信エラーは、さまざまな理由で発生する可能性があります。 このOutlookの送受信エラーが発生した場合。 これは、それを修正する方法です。

  • コンピュータでインターネットにアクセスできるかどうかを確認します。 ほとんどの場合、インターネットを修正すると、このOutlookの送受信エラーが自動的に修正されます。
  • Outlookからすべての不要で不審なメールを削除します。 Outlookの受信トレイ、ゴミ箱、プロモーション、およびその他のフォルダーに存在する不審な電子メールは、このOutlook 0x80040610エラーの原因となる可能性があります。
  • ウイルス対策ソフトウェアをアンインストールして確認します。 あなたはできるOutlookの送受信エラーを修正する ウイルス対策プログラムをアンインストールまたは無効にする。 アンチウイルスOutlookアドインは直接競合を引き起こし、送受信プロセスを停止する可能性があります。

上記のいずれかの方法でOutlookの送受信エラーを修正できない場合。 その後、エラーはPSTファイルの破損が原因で発生します。

PSTファイルは、すべてのメール、連絡先、カレンダー、メモなどを含むOutlookファイルです。 このPSTファイルの破損または損傷も、このOutlookエラーの原因となる可能性があります。 簡単にできます 破損したPSTファイルを修復する クリックするだけです。

Outlookの送受信エラーにつながる一般的な理由のいくつかは次のとおりです。

  • 送受信エラーは、ウイルス対策アプリケーションが原因で発生する可能性があります。
  • 同期の問題。
  • 大型のアタッチメントなど。

古い仕事のメールが別のコンピューターに表示されないのはなぜですか?

Officeデスクトップ上のOutlook電子メールの一部が、自宅での作業に使用している現在のラップトップまたはコンピューターで失われていると思いますか?

はいの場合は、現在のラップトップとOfficeコンピューターのメール設定が異なる可能性があります。

この状況を解決する最も簡単な方法は、PSTファイルをオフィスのコンピューターから現在のラップトップに手動でコピーして貼り付けることです。

OutlookプロファイルをIMAPプロトコルに切り替えて、Exchangeサーバー上の電子メールとOutlookの電子メールの同期を有効にすることもできます。

Outlookを開くことができないというエラーを修正する方法?

「Microsoft Outlookを起動できません」というMicrosoft Outlookエラーが発生した場合の対処方法 Outlookウィンドウを開けません。 フォルダのセットを開くことができません」?

これを引き起こす可能性のあるいくつかの一般的な理由を見つけましょう Microsoft Outlookエラーを開始できません 修正する前に。

Outlookを開けませんか? 次の原因が考えられます:

  1. ナビゲーションウィンドウ設定ファイルの破損。
  2. Microsoft Outlookの古いバージョン。
  3. 破損したOutlookデータファイルなど

Outlookを開けない場合は、次の方法でおそらく修正できます。

  1. ナビゲーションウィンドウ設定ファイルをリセットします。
    ナビゲーションウィンドウはOutlookウィンドウの左端にあり、メール、連絡先、メモ、タスク、カレンダーなどが含まれています。

    1. Outlookを閉じてクリックWin + R[実行]ダイアログボックスを開くためのキー.
    2. 入力するか、コピーして貼り付けますexe /resetnavpane[名前]ボックスで、 OK
    3. Restart あなたのコンピュータそして, Open/Start 

上記の手順は、Outlookナビゲーションウィンドウの設定ファイルをリセットし、同時にOutlookを開くことができないエラーを修正するのに役立ちます。

2. Outlookデータファイルを修復する.

3. 新しいOutlookプロファイルを作成します。

上記の方法のいずれでもこのOutlookエラーを修正できない場合は、ダウンロードしてください Remo Repair Outlook PST これは、PSTファイルの破損、損傷、およびOutlookのエラーを開くことができないようなエラーを修復するために特別に設計されたツールです。

Outlookがメールを送信するたびにパスワードを要求するのはなぜですか?

毎回送信する電子メールのパスワードの入力を求められる問題が発生した場合は、資格情報を使用してOutlookプロファイルを更新し、このOutlookの問題を修正できます。

  • 開始Outlook そして選ぶFile タブとInfo
  • 次に選択しますAccount Settings そして再び Account Settings オプション.
  • 今、選択 Email tab 次に、[メールアカウント]ボックスに表示されているメールアカウントを右クリックし、 Change タブ.
  • [ログオン情報]セクションで、あなたを入力してください Password そしてチェック Remember Password ボックス.
  • 次に、プロファイルに加えた更新済みの変更を保存し、Outlookを閉じます。

Outlookが頻繁にクラッシュするのはなぜですか?

Outlookは頻繁にクラッシュしますか? 処理中または開いているときにOutlookがフリーズしましたか? 次に、Outlookアカウントで使用しているアドインまたはOutlookプロファイルの破損が原因である可能性があります。 このOutlookエラーを解決するには、アドインを無効にしてみてください。

頻繁にクラッシュするOutlookを修正するためにアドインを無効にする方法は次のとおりです。

  1. 開いたOutlook をクリックして File タブ.
  2. 選択するOptionsそして次に行くAdd-ins とヒットGo ボタン.
  3. このエラーの原因となっているアドインのチェックを外して、Outlookを再起動します。

OSTファイルの同期エラーを修正する方法?

OSTファイルは、ユーザーがサーバーの問題やインターネット接続がないときなどにOutlookでオフラインで作業できるオフラインストレージテーブルです。 キャッシュ交換モードを有効にすることで、オフラインでも簡単にメールを作成したり、リマインダーやカレンダーを設定したりできます。

インターネットが利用可能になると、OSTファイルに加えた変更がMicrosoft Exchangeサーバーと同期されます。

ただし、OSTファイルとExchangeサーバー間の同期が失敗すると、電子メールが失われ、データが破損する可能性があります。

OSTファイルの同期エラーの一般的な理由は次のとおりです。

  1. OutlookファイルとExchange Server接続の間の技術的なエラー。
  2. OSTファイルの破損または損傷。
  3. Exchangeサーバーから削除されたメールアカウント。

Outlookの同期の問題を修正する方法:

  • このOutlookエラーが発生した後に最初に行うことは、 enabled Use Cached exchange mode. これにより同期エラーが発生する可能性があります
  • Outlook Syncエラーを修正する Outlookの受信トレイ修復ツールの助けを借りて。
  • 破損したOSTファイルのバックアップを作成してから、OSTファイルを削除して再作成し、OSTファイルの同期エラーを修正します。
  • OSTファイルとExchangeサーバーのデータを手動で同期する
    • マイクロソフトを開くOutlook 受信トレイ、送信済み、ゴミ箱などの個別のフォルダに移動し、受信トレイ、送信済み、ゴミ箱などの個別のフォルダに移動します.
    • 今選択Send/Receive タブをクリックし、Update Folder 選択したフォルダを更新するオプション.

どの方法でもうまくいかない場合は、破損したOSTPSTファイルに変換して、このOutlook同期エラーを修正できます。

活用するRemo Convert OST to PST これは、ユーザーフレンドリーなインターフェイスで設計されており、破損または損傷したOSTファイルを安全なPSTファイルに安全に変換します。 その後、このPSTファイルをインポートして、すべてのメール、連絡先、メモなどにアクセスできます。

Microsoft Outlookのバックアップ

Covid-19の危機時に自宅で仕事をしているOutlookユーザーは、次の状況に対処する可能性があります

  1. 新しい仕事用メールアカウントに切り替えています。
  2. Outlookの移行が必要な仕事用コンピューターの変更
  3. すべてのOutlookメールをWindowsコンピューターからMacに転送します。
  4. Outlookのエラーやデータ損失のリスクを回避するために、すべての重要なOutlookメールおよびその他のOutlookアイテムの定期的なバックアップを維持してください。

要件が上記のいずれかのケースに一致する場合、Outlookを使用して すべてのOutlook連絡先をエクスポートする,  メール、カレンダーなどを既存のOutlookアカウントから.pstファイル形式に変換してから、宛先のPCまたはラップトップにインポートします。

何です.pstファイル?

PSTファイルは、電子メール、連絡先、カレンダー、メモなどのすべてのOutlookデータを含む個人用ストレージテーブルです。通常、Microsoft OutlookPSTファイル形式を使用して、Outlookデータのバックアップを作成します。

Outlookのメールやその他の属性をオフィスのデスクトップから新しいコンピュータにエクスポートおよびインポートする方法

このセクションでは、2つの異なる方法でOutlookをエクスポートおよびインポートします。

  1. Outlookをバックアップする手動の方法
  2. Remo OBMソフトウェアを使用したOutlookのバックアップ

Outlookをバックアップする手動の方法

手動の方法には、Outlookのエクスポートとインポートが含まれます

  1. Microsoft Outlookデータをエクスポートする方法
  2. 開いたOutlook そして選択 File.
  3. Open & Exportオプション、選択 Import/Export.
  4. 選択するExport to a fileをクリックします Next ボタン.
  5. を選択しますOutlook data file (.pst)をクリックします Next ボタン.
  6. 次に、PSTファイル形式にエクスポートするメールアカウントを選択し、選択またはチェックマークを付けますInclude Subfolders チェックボックスを押してヒット Next.
  7. Browse ファイル名を入力して、Outlookデータを任意の場所に保存します。
  8. 最後に、クリックしてください OK OutlookをPSTファイルにエクスポートし、Finish ボタン.

このようにして、すべてのOutlookメール、連絡先、カレンダーなどを簡単にエクスポートできます。

新しいコンピューターに転送するには、エクスポートしたPSTファイルをUSBドライブや外部HDDなどの外部ストレージドライブにコピーし、転送先または新しいコンピューターに貼り付けます。 そして最後に、以下のOutlookデータのインポート方法に従います。

  1. Outlookを新しいコンピューターにインポートする方法

開いた Outlook 新しいコンピュータで>選択 File そしてクリック Open & Export >今選択してください Import/Export オプションを選択してから、Import from another program or file そしてヒット Next >選択するOutlook Data File (.pst) そしてクリックNext >今 Browse PSTファイル(古いコンピューターからコピー)にインポートして、電子メールやその他のOutlookアイテムをインポートし、Next >ついにヒット Finish ボタン.

ただし、組み込みのMicrosoft Outlookのエクスポートおよびインポート機能は、特に初心者ユーザーにとって、混乱を招き、時間がかかります。 メールを整理するために作成したフォルダーとルールも消えます。

Remo OBMソフトウェアを使用したOutlookのバックアップ

利用する Remo Outlook Backup and Migrate tool メール、連絡先、カレンダー、リマインダー、設定、フォルダー構造、ルールなどのすべてのOutlookデータをクリックするだけで転送できます。

Remo Outlookバックアップと移行ツールを使用してOutlookデータを転送する方法

  1. 発売 Remo Outlook Backup and Migrate 古いコンピュータのツールをクリックして、Backup メイン画面からのオプション.
  2. を選択 Smart BackupオプションとクリックNext その後, select Outlookデータを保存し、クリックする場所 Next エクスポートを完了します。
    注意: エクスポートしたOutlookファイルをUSBドライブなどの外部ドライブにコピーし、新規または転送先のコンピューターに貼り付けます。
  3. 発売 Remo Outlook Backup and Migrate新しいコンピュータのツールをクリックして、Migrate メイン画面のオプション.
  4. クリックBrowse 新しいOutlookアカウントにインポートするコピーしたOutlookファイルを選択し、Next.
  5. 最後に、クリックしてください Next Outlookのメール、連絡先、カレンダー、その他のOutlookアイテム、ルール、フォルダ構造などの移行を正常に完了します。

Outlookの使用法を整理および強化する

Outlookを使用して電子メールを送受信するだけの場合は、Outlookアプリケーションが十分に活用されていません。 あなたは物事をより便利で簡単にする多くの機能を逃しています。 Outlookは、生産性の向上、ワークライフバランスの改善、使用方法の簡単化など、優れた仕事仲間になることができます。

ルールでOutlookをよりパーソナライズ

ルールを使用してOutlookをパーソナライズすると、整理された状態を維持し、作成された特定のルールセットの下で受信する電子メールを最新の状態に保つことができます。

手順に従ってメールのルールを設定します。

  1. 開いた Outlook をクリックして Home タブ.
  2. クリック Rules オプションを選択してから、Manage Rules & Alerts
  3. 次に、[新しいルール]タブをクリックすると、ルールウィザードが表示されます。

このルールウィザードから、特定の単語を含むメッセージを特定のフォルダに移動したり、特定の送信者から受信したメッセージを特定のフォルダに移動したりするなど、電子メールを整理できます。また、から受信したメッセージで再生するサウンドを設定することもできます。 特定の送信者など。

注意: リンクをクリックして、詳細情報を確認してください Outlookで受信トレイを管理するルールを作成する方法 効率的に.

特定の送信者から受信したOutlookメールに色を付ける方法は?

Microsoft Outlookでは、受信するメッセージに特定のデフォルト形式を提供しています。 例えば, Unread メッセージが表示されます bold,  Not Sent イタリック体などで表示されるメッセージ

しかし、特定の人から受け取ったメールに色を付けることができることを知っていますか?

Outlookのメールを色分けする方法がわからない場合は、手順に従って、特定の単語や件名、CEO、マネージャー、重要なクライアント、従業員などの特定の人物からのメッセージに色を付ける方法を学習します。

  • 開いた Outlook 2019を選択しますView タブ,
  • クリックView Settings, 条件付き書式を選択しますunder Advanced View Settings 窓.
  • 条件付き書式設定ウィンドウで Add ボタン.

  • 次のような条件付き書式ルールの名前を作成しますManager.
  • 次に、選択 Font ボタン.
    注意: これで、フォント、フォントスタイル、フォントサイズを変更し、色や効果を追加できます。

  • クリックOK.

最後のヒント:

  1. 上記以外のOutlookエラーが発生した場合は、コメントしてください。
  2. すべてのOutlookのバックアップを取ることを常にお勧めしますが、エクスポートおよびインポートでは、すべてのOSTファイルデータを移動できるわけではありません。
  3. Remo Outlook Backup and Migrateソフトウェアを利用して、クリックするだけでOutlookデータをバックアップおよび移行できます。
  4. Microsoft Outlookには、Outlookのメールやメモなどの分類、Outlookのメールの並べ替え、メールの色分け、ルールの設定などの高度な機能が備わっています。
Default image
John Harris

Senior Editor, Content Analyst and a fan of exceptional customer service. John develops and publishes instructional and informational content regarding partition management, Windows hot-fixes, data management and computer troubleshooting.

As a tenured data recovery specialist, John shares exceptional insights and blog posts about data loss and data recovery across any storage device. With 8+ years’ experience in writing for Data Recovery for both Mac OS and Windows OS computers, he is an avid learner who always wants to polish and simplify the data recovery process. John passes his free time playing Chess and reading Science Fiction novels.

Articles: 73

Leave a Reply