データ復旧ソフトウェア

データ復元ツール
ベスト・
セラー

Remo Recover Windows 6.0

すべての新しい強力なデータ回復ソフトウェア

深刻なデータ損失シナリオの下で、任意のストレージデバイスからデータを簡単に回復します。

$99.97

$69.97

1 Month license

今すぐ購入

ファイル修復ツール

ベスト・
セラー

MOV 修復ツール

完全なビデオ修復ツールキット

しっかり再生できないビデオ(MOVとMP4を)修復

$79.97

$69.97

今すぐ購入
ファイ ル修復ツール

Outlookツール

Outlookツール
ベスト・
セラー

Outlook のバックアップと移行

究極の Outlook バックアップツール

電子メールと連絡先をバックアップおよび移動するための安全な方法

$59.97

$49.97

今すぐ購入

Remo ONE

Remo ONE

その他のユーティリティ

その他のRemoツール
ベスト・
セラー

重複写真リムーバー

高度な重複写真ファインダーとクリーナーツール

重複写真を検索して削除し、3のディスク容量を増やします - クリック!!

$29.97

$19.97

今すぐ購入

日本

Windowsの10ディスクの管理を使用して無駄な領域の使用を作る方法

不適切なパーティション分割やその他の理由により、貴重なハードディスク容量がWindows 10のPC上で未割り当てになる可能性があります。 このようなディスクスペースは、シンプルボリュームに割り当てられない限り、使用できません。

この割り当てられていないスペースは、デフォルトで隠されているパーティションに置かれます。 そのようなパーティションを見つけて、それらが占める領域を割り当てようとしましょう.

Windows 10で隠しパーティションを見つける方法?

Windowsディスク管理ユーティリティからハードディスクパーティションの全体的な割り当てを確認できます。 Windows 10でこのユーティリティにアクセスするには、Windowsの[スタート]ボタンを右クリックし、[ディスクの管理]を選択します。 (管理ツール – >ディスク管理からこのツールを選択することもできます)。 ここでは、ハードドライブパーティションの割り当て方法を確認できます。

 

ここでは、私のPCのディスク管理コンソールを見せています。 ウィンドウの上部を見ると、2つのラベル付きドライブとともに2つの未処理のパーティションが表示されます。 これらのラベルが付いていないドライブに500 MB以上が使用されていることがわかります。

 

今、窓の底部に来てください。 ディスク0(メインストレージドライブ)の右側には、450MBのパーティション(リカバリパーティションとラベルが付いています)が表示されます。 これには、必要に応じて後で同じマシンにWindowsを再インストールするためのファイルが含まれます。 だから、このパーティションを混乱させるのは良い考えではありません。

 

このEFIパーティションの右側に、100MBのパーティションが表示されます。 実際には、これはWindowsがPCにインストールされたときに作成されたものです。 Windowsの起動に必要なファイルがいくつか含まれています。 だから、私はこのパーティションを今のままにしておく必要があります。

 

以前のバージョンからWindows 10にアップグレードした場合、私の場合に見られるように、マシンにはかなりの量の未割り当て領域がある可能性があります。 ここでは、合計22.37GBは未割り当てです。

 

未割り当て領域からのシンプルボリュームの作成

このスペースは、単純なボリュームに割り当てることができます。 これを行うには、割り当てられていないスペースを右クリックし、「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

 

ウィザードが新しいボリュームの作成を開始します。 続行するには[次へ]をクリックしてください

 

作成するドライブのサイズを指定します(単位:MB)。

 

ドライブ文字を指定するか、「ドライブ文字またはパスを割り当てない」を選択します。

 

NTFSなどのファイルシステムでボリュームをフォーマットし、そのボリュームの名前を指定します。

 

[完了]をクリックして、ボリューム作成プロセスを完了します。

 

おめでとう。 未割り当て領域から新しいボリュームを作成しました! このようにして、ハードドライブのスペースを最適なレベルまで利用することができます。

 

Default image
Remo Software
Articles: 751

Leave a Reply