解決済み-Outlook送信エラー「1つ以上のパラメーターが無効です」

Outlookでメールを送信すると、「Outlook送信エラー-1つ以上のパラメーターが無効です」というエラーが表示される場合があります。 会議出席依頼の送信、連絡先の保存、予定やタスクの保存などのときにエラーを受け取ることも可能です。

このエラーの主な原因は、オートコンプリートリストの破損です。 オートコンプリートリストをクリアすると、エラーを解決できます。

オートコンプリートリストをクリアする方法?

オートコンプリートリストをクリアするには、次の手順に従います。

  • Outlookを開いへ行きますFile > Options > Mail dialogue
  • クリックEmpty Autocomplete リストオプション

これにより、オートコンプリートリストが消去されます。 または、以下の手順で次の方法を試すこともできます。

  • Outlookを閉じて押しますWindows + R 実行コマンドを開くには
  • 次に、タイプexe /cleanautocompletecache

これにより、オートコンプリートリストが完全に消去され、問題が解決されます。 そうでない場合は、Outlookに問題がある可能性があります。 新しいプロファイルを作成して、問題が解決するかどうかを確認できます。

これらの方法で問題が解決しない場合は、PSTと呼ばれるOutlookデータファイルが破損している可能性があります。 このような場合、Scanpst.exeと呼ばれるファイルを修復するための組み込みツールがあります。 これは通常、Outlookのインストールの一部です。

Scanpst.exeを実行する方法?

  • 開いたFile Explorer そして検索 exe 検索バー
  • PSTファイルを参照します。 (PSTファイルの場所を見つけるには、にアクセスしてくださいFile タブをクリックして Account Settings > Account Settings. クリック Data file tab. ここでは、デフォルトのPSTの場所を確認できます)
  • 次にクリック Repairファイルを修復する

Scanpstを使用する場合の欠点は、実行に時間がかかる可能性があることです。 ファイルを修正する前に、ツールを複数回実行する必要がある場合があります。

Remo修理OutlookPST

代わりに、PSTファイルを修正してOutlookを修復するように設計されたRemo Repairなどの専門的なツールを使用できます。 破損の問題を修正し、すべてのOutlook属性を回復できます。 パスワードで保護された、圧縮された、または特大のファイルで動作します。

このソフトウェアは、削除された個人用フォルダやメールを復元するためにも使用できます。 to、CC、Subなどを含む電子メールのすべての属性を回復できます。

読み取り専用メカニズムを使用し、ファイルの内容を抽出します。 次に、問題を修正し、正常なファイルを作成します。 レモ修復を使用してファイルを修復する手順は、簡単な3ステップのプロセスです。

PSTファイルを修復する方法?

  1. メイン画面から、選択corrupt PST file. 場所がわからない場合は、ツールが自動的に検索できるようにします。
  2. 次に、2つのスキャンオプションから選択します – Normal or Smart scan修復したファイルを保存する宛先フォルダを選択します
  3. クリックRepair 修復プロセスを開始する
  4. 修復が完了すると、次のことができますPreview ファイルと宛先フォルダを確認してください
解決済み-Outlook送信エラー「1つ以上のパラメーターが無効です」 was last modified: April 29th, 2020 by Remo Software

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*