Photoshop PSDイメージファイルのエラー修正

Remo 修理PSDによって容易に作られたPSDファイルのエラーを修正します! このツールは、PSDファイルまたはPDDファイルのすべての問題をわずか4ステップで修復し、カラーモードとレイヤーをそのまま残して健全なPSDファイルをレンダリングします。

あなたはPSDファイルを開こうとしたときの気持ちを知っていますが、後で述べるエラーメッセージが出て、ファイルにアクセスできなくなってしまいます。

  • "予期しないファイルの終わりが発生したため、要求を完了できませんでした"
  • "この操作を完了できません。ファイルが見つかりませんでした"
  • 「Photoshop PSDエラー:予期しないファイル形式」
  • 「PSDファイルを開くことができませんでした」

状況は非常に面倒です。あなたが数時間または数日間働いたPSDファイルがエラーを表示すると、さらに悪化します。 多くの場合、これらのエラーメッセージは破損したPSDファイルの兆候です。 しかし、現時点では、写真ファイルを再作成または編集することは現実的な選択肢ではないため、再開することはできません。

これは、PSDファイルのエラーを修正できないことを意味しますか?

いいえ、PSDファイルのエラーを簡単に修正することは可能です Remo 修復PSD ソフトウェア。 このツールは、PSDファイルに関連するすべての問題を修正し、短時間でエラーフリーにします。 PSDファイルの破損の原因が何であれ、プログラムはいくつかの手順で破損したPhotoshopファイルを効率的に修正します。 Adobe Photoshop 5.5,6.0、CS1、CS3、CS6、およびその他のバージョンで作成されたPhotoshopファイルをサポートしています。

PSDファイルのエラーを修正する4つの簡単な手順:

  • ステップ1 - PC /ノートパソコンでRemo 修復 PSDソフトウェアをダウンロードする
  • ステップ2 - Remo することによって、このPSD修復ソフトウェアを起動します。 次に、修復する必要のあるPSDファイルを参照するオプションが表示されます。このPSDファイルをクリックして破損したPSDファイルを提供するだけです
  • ステップ3 - 修復プロセスを開始する修復オプションをクリックします。
  • ステップ4 - ファイルが修復されたら、そのファイルをプレビューして保存します

Remo PSD修復ツールは、短い間に損傷を受けたり壊れPSD / PDDファイルを固定することが可能です。 RLEで圧縮された.psdファイルと.pddファイルも安全に修復されます。 このアプリケーションを使用して、破損しているPSDヘッダーを修正することもできます。 さらに、チャンネルあたり1,8,16,32ビットの深さのPSDファイルを簡単に修復します。

PSDファイルエラーの背後にある原因はほとんどありません:

  • PSDファイルの破損
  • Photoshopアプリケーションの不適切なアップグレード
  • PSDファイルで作業中にAdobe Photoshopを突然閉じる
  • 古いAdobe Photoshopアプリケーションで作成したPSDファイルを新しいバージョンで開こうとすると

エラーメッセージが原因で上記のいずれかの理由でポップアップすると、Remo PSDの修復ソフトウェアは、PSDの問題を修正し、ファイルエラーを自由にするためにあなたの救助に来ます。 このツールは、大型PSDおよびPDDイメージファイルの修復もサポートしています。 このソフトウェアは、WindowsまたはMac OS上のWindows 10およびMac El Capitanを含む最新バージョンのPSDを簡単に修復します。 場合によっては、PSDファイルのエラーを修正したり、ツールをインストールしたりする際に問題が生じた場合は、いつでも技術サポートチームに連絡してください。

Remo で以上を取得:

SDカードから写真を復元するRemo カードの回復ソフトウェアを使用します
すぐにソフトウェアを復元しますREMO 破損したSDカードから写真を取り出す ほんの数ステップで ビデオ、曲、その他のメディアファイルであっても、カードから簡単に復元されます。

簡単にMOVエラー2048を修正するRemo 修理MOVツール
MOVエラー2048のためMOVビデオファイルにアクセスできませんか? 安全にRemo 修理MOVソフトウェアを使用 MOV 2048エラーを修正 ビデオファイルに再びアクセス可能にします。