PowerPointファイルを開いてPowerPointファイルに関連する問題を修正できるツールを探すのが難しいですか? 次に、問題を簡単に解決するために使用できる最適なソリューションをここに示します。

PowerPointファイルを開く際に問題が発生した場合は、ファイル破損の兆候です。 したがって、ファイルが壊れてしまった場合、大きな問題に陥る可能性があり、ファイルが失われる恐れがあります。 しかし、破損したPowerPointファイルについて心配する必要はありません。なぜなら、 Remo 修復のPowerPoint アプリケーションを使用すると、破損したPowerPointファイルを効率的に修復できます.

Remo 修復のPowerPointが役立つシナリオ

  • コンピュータまたはPowerPointファイルが格納されている格納場所がウイルスに感染している場合、PowerPointファイルも感染して破損する可能性があります。そのため、ファイルが感染してアクセス不能になる可能性があります。 このような状況では、Remo 修復のPowerPointツールを使用することができます
  • すべてのファイルのヘッダーがファイルにアクセスするために必要な基本情報です。したがって、PowerPointファイルのヘッダーが破損している場合、PowerPointファイルが破損する可能性があります
  • PowerPointファイルが不適切にダウンロードまたは転送されると、PowerPointファイルが破損する可能性があります

これらは、あなたのPowerPointファイルが破損する可能性のあるシナリオのいくつかですが、そのようなシナリオを遭遇した場合は、PowerPointファイルに関連する問題を修復するためにRemo 修復のPowerPointツールが役立ちます。 ただし、Remo 修復のPowerPointツールには、以下のセクションで説明する多くの特長があります。

Remo修復PowerPointの機能

  • PowerPointファイルのすべての種類を修復する能力があります PPT, PPTXそしてPPS
  • あなたは非常に簡単かつ迅速に修理のタスクを達成することができますを使用して、ユーザーインターフェイスを理解して簡単に
  • この有名なユーティリティの助けを借りて、あなたは効果的に読み取り不可能なPowerPointファイルを修復することができます
  • PowerPointファイルの破損により失われた属性(テキスト、アニメーション、効果音、画像など)を回復する能力
  • 修復されたPowerPointファイルをプレビューするのを容易にします。この機能により、ソフトウェアの機能を簡単に知ることができ、アプリを購入するかどうかを決めることができます
  • この信頼性の高いプログラムは、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XP、Windows Server 2008、Windows Server 2003など、Windowsの主要なオペレーティングシステムに簡単にインストールできます。
  • 消費電力が少ないため、コンピュータにインストールするためのハードドライブのスペースが非常に少なくなります(50MB程度)

破損したPowerPointファイルを修復する手順

  • 最初に、コンピュータにRemo 修復のPowerPointの試用版をダウンロードしてインストールします。
  • アプリケーションを起動し、をクリックしてください“Browse” メインページにあるオプション、および破損したファイルを提供した後“Repair” このオプションは、 Figure 1
  • 一度クリックすると “Repair” オプションで、修理のプロセスが開始されます。Figure 2
  • 次のスライドでは、修正されたPowerpointファイルをプレビューすることができます “Preview” オプションで表示されます Figure 3
  • 満足できる結果が得られたらファイルをプレビューした後、修復されたPowerPointファイルを保存するために製品を購入することができます

追加情報: Microsoft Officeには、Microsoft Word、Excel、Accessなどの多くのツールがバンドルされていますが、Wordファイルが不明な理由で破損または破損する可能性はありますが、効果的なツール 簡単にできる 修復されたWord文書, もっと知るには、こちらのリンクをクリックしてください。

なぜ選ぶのか Remo?

Top