壊れたPhotoshopファイルを修正する方法

Remo 修復 PSDツールを使用してPhotoshopファイルを問題なく修正しました! 壊れているかアクセスできないエラーメッセージを表示するPSD / PDDファイルは簡単に修復できます! このソフトウェアは、WindowsとMac OSの両方で動作し、Photoshopファイルを修正します.

あなたはあなたのクライアントのプロジェクトのAdobe Photoshopで作業しています。 PSDファイルがほぼ完成している間、あなたはある日修正していくつかの修正をチェックしてみる。 しかし、Photoshopファイルを開くことができず、エラーメッセージが表示されたため、あなたは驚いています。 1つのPhotoshopファイルを作成する時間と労力を考えると、ファイルにアクセスしようとするとエラーメッセージが表示されるのは苦痛です。

Photoshopファイルにアクセスしようとするたびに同じエラーメッセージが表示される場合は、おそらくPSDファイルが壊れている可能性があります。 多くの理由によりPSDファイルが壊れる可能性がありますが、そのうちのいくつかは以下に述べられています–

  • Adobe Photoshopの互換性のないバージョンで.psdファイルを開くと、PSDファイルが破損する
  • PSDファイルで作業しているとき、または開いているときにPhotoshopアプリケーションが突然終了すると、PSDファイルが壊れます
  • Photoshopでの作業中にシステムが突然シャットダウンするなどの中断もPSDファイルの破損につながります
  • Photoshopアプリケーション、ファイルシステムの破損をアップグレードする不適切な方法, ハードドライブのクラッシュ etc. PSDファイルが壊れてしまうその他の理由はほとんどありません

Photoshopファイルが壊れていることがわかったら、次のステップは修正することです。 しかし、.psdファイルをさらに損傷することなく安全な方法で修復するにはどうすればよいですか? この問題の簡単な解決方法は次のとおりです。 Remo 修復 PSD ソフトウェア。 はい、このツールは数分で壊れたPhotoshopファイルを修復するのに役立ちます.

レモ修復PSDツールを使用して壊れたPhotoshopファイルの修復 –

Remo 修復 PSDはPhotoshopファイルを安全かつ簡単に修正しました。 このツールは読み取り専用モードで動作します。つまり、破損した.psdファイルをさらに変更したり破損したりすることはありません。 むしろ、ソフトウェアは壊れたPSDファイルから内容を抽出し、修復し、その内容を新しい正常なPSDファイルに保存します。 したがって、Photoshopファイルに関連付けられているカラーモード、レイヤー、テキストは、修復処理後も無傷です。 また、このアプリケーションは、壊れたPSDやPDDファイルを簡単に修正します.

壊れたPhotoshopファイルを修正する簡単なガイド-

  • Remo 修復 PSDソフトウェアをダウンロードしてインストールする
  • プログラムを起動し、メイン画面からをクリックします。 “Browse” ボタンをクリックしてPhotoshopファイルを破棄する
  • 次に、をクリックします。 “Repair” 破損したファイルを修正するボタン
  • 修復処理が完了すると、修復されたファイルをプレビューすることができます。 “Preview” オプション
  • 最後に、修復されたPhotoshopファイルを保存します

Remo PSD修復ソフトウェアは、Adobe Photoshopのどのバージョンでも、壊れたPSDファイルやアクセスできないPSDファイルの修復をサポートしています。 さらに、このアプリケーションはRLEで圧縮された.psd / .pddファイルも修正します。 さらに、インデックス付きカラー、Labカラー、CMYKカラー、デュオトーン、ビットマップ、RGBカラー、グレースケールなどの異なるカラーモードを持つPSDファイルを修復することができます。Remo 修復 PSDは、WindowsとMacの両方のオペレーティングシステム.

予防措置 –

  • 不幸な出来事の間に重要なPhotoshopファイルを外部のストレージデバイスにバックアップして復元できます。
  • Adobe Photoshopアプリケーションを終了している間に適切な手順を実行し、プログラムを突然終了させない
安全で安全な
Safe & Secure
アワード
div class="box text-center">5 Star Reviews
Top