Microsoft OutlookのOSTファイルの修復

PSTのソフトウェアにOSTを変換Remo を使用して、わずか3ステップで破損またはアクセスできないOutlookのOSTファイルを修正してください! このツールは、壊れたOSTファイルを修復し、エラーを修正し、すべての属性を簡単にPSTファイルに回復し、すべてのOutlookデータにアクセスできるようにします。

Outlookには、OSTとPSTの2種類のデータファイルが付属しています。 OSTファイルを使用すると、オフラインのときでもメールを操作してアクセスできます。 このためには、OSTファイルをExchange Serverのメールボックスと同期させる必要があります。 ただし、Outlook OSTファイルがさまざまな理由で破損することがあります。 このような状況では、同期が不可能になり、Outlookデータにアクセスできなくなります。

OSTファイルの破損の原因–

  • Microsoft Outlookアプリケーションの不適切な終了
  • 同期処理中の中断
  • Outlookを古いバージョンから最新のバージョンに移行する際の中断
  • 最大ファイルサイズ制限を超えるOSTファイル
  • Microsoft Outlookアプリケーションのクラッシュ

上記のいずれかの理由により、MS OutlookのOSTファイルが破損する可能性があります。 Remo は、PSTのソフトウェアにOSTを変換するためしかし、あなたが心配する必要はありません破損したOSTファイルを修正し、迅速かつ簡単な方法で、そのまますべてのデータとの健全なPSTファイルを提供しています。 このツールにはユーザーフレンドリーなインターフェイスが用意されているため、新しいユーザーでも問題なく修復プロセスを進めることができます.

MS OutlookのOSTファイルを修正するためのクイックソリューション –

アクセスできないまたは破損したOSTファイルは、すぐに修復されます。 Remo OSTからPSTへの変換ツール. ソフトウェアは、任意のOutlook OSTファイルをPSTに変換します。正常/破損ファイルであり、そこからデータを取得します。 この変換プロセスでは、電子メール、連絡先、仕事などのすべてのOutlookアイテムが抽出され、新しいPSTファイルに保存されます。 従って Ostファイルの修復は問題にアクセスできません, このツールは、メール、RSSフィード、予定、タスク、メモ、カレンダー、雑誌などのすべてのOutlook属性をアクセス可能にします.

Remo PSTにOSTを変換は、全体の修復処理中に、元のOSTファイルが変更または破損されることはありませんで、読み取り専用のツールです。 このユーティリティを使用して、パスワードで保護された、または暗号化されたOSTファイルを修復することもできます。 OSTファイルを開いたり、ファイルにアクセスしたり、その他の問題が発生したときのエラーは、このプログラムで修正されます。 Outlook 2016、2013、2010、2007、2003、2000のようなすべてのMS Outlookバージョンをサポートしています。

Microsoft OutlookのOSTファイルを修復するためのガイド –

  • PSTのソフトウェアにRemo の変換のOSTをダウンロードし、システムにインストール
  • ソフトウェアを起動する
  • メイン画面で、を選択します。 Open OST File ファイルの場所がわかっている場合はオプション、それ以外の場合はオプション Find OST File オプション
  • 次の画面で、変換されたファイルを保存する宛先パスを参照して選択します
  • クリック Convert 変換処理を開始する

OSTファイルの破損を防止する予防措置 –

  • 常にOutlookアプリケーションを正しく終了する
  • OSTファイルの最大ファイルサイズ制限を超えていないことを確認してください
  • 手動でMS ExchangeサーバーとのOSTファイルを同期しようとしないでください