Windows 10でのPSDファイル修復

Remo PSD修復ツールを使用してWindows 10でPSDファイルを修正します。 このソフトウェアは、Windows OSのすべてのバージョンで効果的に破損したPSDファイルを修正します。 即購入!!!

Windows 10でPSDファイルを開こうとすると、PSDが開くことを拒否し、場合によってはエラーメッセージが表示されることがあるかもしれません。 Windows 10のクラッシュ、Windows 10の再インストール、Adobe Photoshopの誤動作、Photoshopのクラッシュなどにより、PSDファイルが破損した場合に発生します。

ご存知のように、1つのPSDファイルを作成するのにどれくらいの労力と時間がかかります。 Windows 10でPSDファイルを修正するにはどうすればよいですか? まあ! Remo PSD修復ツールを使用することで、Windows 10で簡単にPSDファイルを修正できます。

RemoのPSDの修復ツール - いくつかのクリックでWindows 10でのPSDファイルを修正するため...

レモ修復PSDツール PSDファイルを修正する それは元の形式をそのまま維持することによってWindows 10で破損して判読できません。 PSDファイルを修正している間に、破損したPSDファイルからコンテンツを抽出し、正常なファイルに保存するだけです。 それは、Windows 10のコンピュータまたはデスクトップ上の様々なバージョンのPhotoshopを使用して作成されたPSDファイルを修正するのに役立ちます。 Windows 10だけでなく、他のバージョンのWindows OSでPSDファイルを修正することもできます。

Remo PSD修復ツールは、Adobe Photoshopの次のバージョンをサポートしています- CS6、CS5、CS4、CS3、CS2、CS1、CS、Photoshop 7、Photoshop 6.0、およびPhotoshop 5.5をサポートします。

PSDファイルの完全チュートリアルWindows 10での修復:

Windows 10のコンピュータでRemo PSD Repairツールをダウンロードしてください。 インストールが完了したら、画面の指示に従ってソフトウェアを起動します。 次に、次のようにします。

  • メイン画面が表示されたら、[参照]オプションを使用して破損したPSDファイルを参照します
  • PSDファイルを選択した後, クリックオン “Repair” オプション
  • 固定処理が完了すると、レイヤーとマスクファイルとともに健全なPSDファイルが表示されます
  • PSDファイルは、 “Preview” オプション
  • 最後に、任意の場所に固定PSDファイルを保存します

Remo PSD Repair Toolには以下の機能があります。

  • PSDファイルは、このソフトウェアを使用して、ビットマップ、グレースケール、インデックス付きカラー、RGBカラー、CMYKカラー、マルチチャンネルカラー、デュオトーン、ラボカラーなどのカラーモードで固定されます
  • チャネルあたり1,8,16,32ビットの深度のPSDファイルを修復する
  • PSDファイルと共に.pdd拡張子を持つ破損したPhotoshopファイルを修正します。
  • 破損したPSDとPDDファイルを修正するのに役立ちます

このツールは、RLE(Run-Length Encoding)圧縮PSDファイルの修復にも使用できます。 さらに、特大の問題のために破損したPSDファイルを修正します。 また、PSDファイル関連の問題や数回のクリックでスクラッチディスクのエラーの問題を解決するために便利です。

なぜ選ぶのか Remo?

Top