あなたは回復されたRARファイルを修復する方法を知りたいですか??

通常、彼らの大半は情報を格納して転送するためにRARアーカイブを使用します。 インターネット経由で膨大な数のファイルを共有したり、すべてのファイルを圧縮してディスクスペースを節約することは非常に便利で便利です。 ただし、これらの圧縮ファイルが破損する危険性があります。

重要なファイルを含むRARファイルを紛失または削除し、信頼できない回復ツールを使用してRARファイルを復元する状況を想像してみてください。 このため、RARファイルが破損する可能性は非常に高いです。 このような状況では、RARファイルのオープンが拒否され、格納されているすべての情報が使用できなくなる可能性があります。 しかし、この問題をRemo 修復 RARツールで解決することができます。これは数回のマウスクリックで回復したRARファイルを簡単に修復できます。 このソフトウェアは、RAR形式の壊れたアーカイブから情報を抽出するために特化されています。 直感的で使いやすいインターフェースを使用して、RARファイル1.3、1.5.2、および3のすべてのタイプとバージョンを簡単に修復できます。 このソフトウェアはあなたのようなエラーを修正する機能を備えています “アーカイブは、未知の形式で、または損傷のいずれかであります” または “予期しないファイルの終わり”.

RARアーカイブが破損するさまざまな一般的なシナリオを見てみましょう:

  • CRCエラー:RARファイルの破損の主な原因は、ファイルの回復中にCRC(Cyclic Redundancy Check)エラーが発生したことです。 通常、このエラーは、作成時と解凍時のデータが一致しない場合に発生します。
  • 不適切な録音:突然の停電のような突然の中断のためにRARファイルを回復すると、RARファイルに重大な損害を与えることがあり、そのファイルにアクセスしようとすると予期しないエラーメッセージが表示され、
  • ファイル拡張子の変更:時々、RARファイルの拡張子を瞬時に変更すると、RARアーカイブが破損し、RARファイルの内容が判読不能になり、アクセスできなくなることがあります。
  • 重大なウイルスまたはマルウェア攻撃:これは、RARアーカイブファイルが直面する最悪の状況になります。 重大なウイルスやマルウェア攻撃のため、RARファイルが破損してコンテンツ全体が利用できなくなる可能性があります。

Remo 修復 RARツールの使用を好む理由?

元の壊れたRARファイルが元のままであることを保証する、非破壊で読み取り専用な性質のため、Remo 修復 RARソフトウェアを他のものよりも使用する方がよいでしょう。 これは、完全に自動化された修復プロセスを備えた非常にユーザーフレンドリーなインターフェイスを提供します。 強力なRAR修復アルゴリズムのおかげで、数回のマウスクリックでパスワードで保護されたRARアーカイブファイルを修正できます。 さらに、4 GBを超えるサイズのRARファイルも、この優れたファイルを使用して修復できます ファイルフィクサー ソフトウェア。 さらに、RARファイルから抽出されたデータは、復元プロセスの前にプレビューすることができる。 これは、Windows OS 8,7、Vista、XP、およびその他の利用可能なWindowsバージョンのよく知られているバージョンの回復されたRARファイルを簡単に修復するために互換性があります.

回復されたRARファイルを修復する簡単な手順

  • あなたのシステムにRemo 修復 RARの無料版をダウンロードしてインストールしてください。 次に、修復が必要なRARファイルをクリックして選択します。 “Browse” オプションとopt “Repair” 修復プロセスを開始するオプション
  • これで、選択したRARファイルのスキャンと修復の進行状況を表示できます
  • スキャン処理が完了すると、固定RARファイルの内容を表示することができます “Preview” オプション
  • さらに、選択 “Select Folder” 修復されたRARファイルを保存するための目的のパスを指定し、 “Save” 特定の場所へのオプション
安全で安全な
Safe & Secure
アワード
5 Star Reviews
Top