最も効果的なSSDデータ復旧手法の選択方法?

最も効果的で安全なSSDデータ復旧技術をお探しですか? 以下の情報は、問題に固有のさまざまなSSDリカバリー手法から選択して理解するのに役立ちます。 始めましょう.!!!

右からのすべての面でもSSDの運賃 デザイン、セキュリティ、スピード、耐久性. しかし、HDDとは対照的にSSDが1つ不足する場所は1つです データ回復の容易さ.

これまでアップデートされてきたストレージ技術では、SSDからのデータ復旧に伴う複雑な技術も増えています。 さまざまなオペレーティングシステムの機能 TRIM 背景データ収集などのソフトウェアコンポーネント (BGC) SSD上でデータを取得する際のソフトウェアの複雑さが増えている理由の最も大きな理由となります.

多くの人々は、SSDから削除されたデータを集積回路を利用して取り戻すことができないという誤った考えを持っています。 どんな状況でもSSDから削除されたデータは、Remo Recover Windowsソフトウェアを使用して元に戻すことができるため、残念ながらそれらを残しておいてください。 この正当なハードドライブの回復ツールは、すべてのタイプのSSDブランドのデータを復元する機能を備えています。

シナリオとSSDのデータ損失の背景に応じて、使用されるデータ復旧技術は大きく2つのカテゴリに分類できます

  • SSDにハードウェアの誤動作がある場合に適用されるテクニック。
  • SSDでソフトウェアの問題が発生した場合に、データ復旧ツールによって適用される手法。

特定のシナリオごとにテクニックは異なりますが、これらのテクニックはすべて単一の強力なSSDによって実装されています ハードドライブを復元するプログラム.

だから、ソリッド・ステート・ドライブ上のデータを回復するための対応する課題に取り組むために、最も有益なSSDデータ・リカバリ方法を知っていこう。

ハードウェアの誤動作がある場合に適用されるSSDデータ復旧テクニック?

  • SSDのハードウェアの誤動作は、SSDの内部回路に物理的な損傷または機能不良がある場合に発生します。
  • したがって、ドライブはもはやアクセス可能でなく、ソフトウェア技術のどれもがSSDデータを取り出すことができません
  • SSD’s から形成されています NAND フラッシュメモリー; これらのコンポーネントは、 USBフラッシュドライブ.
  • の一つ techniques NANDフラッシュ・チップであるSSDのメイン・メモリ・コンポーネントを PCBボード 障害のあるものとまったく同じように動作するボードに接続します.
  • このプロセスの後、修復されたSSDドライブからデータが検索されます.
  • 他の技術 破損したハードウェアコンポーネントを再構築し、それらを置き換えてSSDをコンピュータがアクセス可能にするのと同様の方法論を伴う。

注意: 上述の方法は、主メモリ構成要素、すなわち NAND チップが破壊されたり、電力変動の影響を受けません。 一方、メインメモリコンポーネントも破損している場合やトーストされている場合は、データリカバリのための余裕はあまりありません.

SSDでデータが失われるソフトウェアの問題?

  • SSDのファイルシステム障害
  • ウイルスまたはマルウェアによるSSDデータの破損
  • SSDのフラッシュ変換層(FTL)の不規則性
  • 停電によるSSDデータの破損

データ回復ソフトウェアによって適用されるSSDデータ回復技術:

このセクションでは、上記の各合併症と、各シナリオに対応するSSDからデータを回復するためにどのような手法が適用されるかについて説明します.

以下に示す情報はすべて、Remo Recoverによってどのようにテクニックが適用されるかについて説明しています。 知るべきリンクを確認してください Remo Recover を使用し データを復元する方法 SSD .

SSDファイルシステム障害の回復方法:

ファイルシステムは、SSD上の内部データ編成形式を定義します。 また、ファイルシステムは、SSDに存在するファイルのメタデータとコンテンツの両方へのアクセスをエンティティとして制御します。

したがって、ファイルシステムの障害が発生すると、SSD上に存在するデータはコンピュータによって認識されなくなります。 これにより空き領域が割り当てられ、次にSSDに何かを保存するときに貴重なデータが上書きされる可能性があります。

Remo Recover 高度なSSDデータ復旧ツールは、 technique 検索アルゴリズムを使用して以前の既存のファイルシステムを探し出し、結果として以前に存在したコンテンツとメタデータの物理アドレスを決定します。 したがって、孤立したデータの新しいファイルシステムを確立してデータを回復します.

マルウェアやウイルスによるデータ破損のSSDデータ復旧手法:

マルウェアまたはウイルスは、コンピュータに存在するファイルを直接変更または破損するように書かれたプログラムです。 それらはフリーウェアまたは第三者のアプリケーションで通常ダウンロードされます。
いくつかのマルウェアには、ファイル内に含まれている無関係なシグネチャが含まれています。 したがって、データはファイルシステムによって認識されません。
このような時に つかいます Remo Recover , 任意の種類の署名を持つファイルを検索する最高のSSDデータ復旧ツールです。 ファイルが取得されると、ウイルス対策プログラムを使用してファイルの感染を取り除くことができます。 チェックアウト ウイルスに感染したハードドライブからデータを取得する方法

SSDのフラッシュ変換層(FTL)の不規則性:

フラッシュ変換レイヤは、フラッシュベースのメモリ用に設計された高度なファイルシステムです。 FTLの3つの主な機能は、物理アドレスの論理アドレスへの変換、背景ガベージコレクション、ウェアレベリングです。 ファイル変換層は、論理アドレスとNANDブロック上の実際の物理アドレスの記録を保持するマッピングテーブルを維持する。

この表は頻繁に更新する必要があります。 一度マッピングされてSSDに保存されたデータが更新されない場合 これによりFTLは既存のデータを監視し、その結果データはコンピュータに表示されません。

この問題に遭遇するには Remo Recover 無視する マッピングテーブル SSDを参照して厳密にチェックする ブロックごとにブロックする . したがって、失われたファイルは 生のフォーマット 表示されます。 プレビューオプションを使用して、復元された各ファイルをチェックして生データを絞り込みます.

でファイルタイプの検索を使用する Remo Recover 特定のものを検索する ファイルの種類 あなたが検索したファイルに希望する名前を指定します。

停電や間欠的な切断によりSSDデータが破損した場合に適用される手法:

この手法は、外部SSDが安全に取り出されない場合や、PCが正しくシャットダウンされない場合に適用されます。 最初に、主メモリに保存する必要のあるファイルは、一時的にCACHEに保存されます。 オペレーティングシステムによって割り当てられた論理セクタがSSD上の物理ブロックにマッピングされると、キャッシュされた情報は次に主記憶メモリに転送される.

SSDが突然切断された場合 電源プラグを抜くか、または不適切なシャットダウン , キャッシュに格納された情報が部分的に転送されたり、全体として転送されたりすることはありません.

データが転送されているがマッピングテーブルで更新されていない場合, Remo Recover SSDドライブを徹底的に検索し、テーブルに更新されたメタデータを持たないデータを復元します。 プレビューオプションを使用してデータをスキャンし、それに応じて保存します.

しかし、データが全体として一時メモリから転送されない場合、データは永久に失われます.

先端: したがって、適切なシャットダウンルーチンに従い、SSDを安全に取り外すことを常に推奨します.

Remo を選ぶ理由?

Top