一般的なOutlookエラーの修正方法| 有用な洞察

Microsoft Outlookフォーラムには、Outlookエラーに関するさまざまなクエリが常に表示されます。 Outlookは、統合されたメールサービスであるため、ユーザーに苦労するエラーを免れません。 この記事では、最も一般的なOutlookエラーを修正するための簡単なDIYソリューションを紹介します。

Outlookのエラーが原因で発生しているすべての問題を解決するためのワンストップ。 このビデオチュートリアルをご覧になり、自動化されたソリューションが3回のクリックでOutlookのエラーを修正する方法をご覧ください:

1)      Microsoft Outlookエラーを開始できません:

Microsoft Outlookを起動できないことは、Outlookユーザーコミュニティ全体で最も一般的なエラーの1つです。 このエラーは、コンピューターでOutlookを開こうとすると発生します。 このエラーの背後にあるいくつかの理由は以下のとおりです:

  • Outlookの古いバージョン
  • Outlookの起動を妨げるナビゲーションペインエラー
  • Outlookの欠陥のあるアドイン
  • 不適切なOutlookプロファイル設定
  • 破損したOutlookデータファイル

上記の理由のいずれかが原因で、Microsoft Outlookエラーが開始できません。 Outlookのエラーは複雑に見えるかもしれませんが、いくつかの簡単な手順で簡単に修正できます。

このほとんどのOutlookエラーを修正する解決策は以下のとおりです:

  • ナビゲーションペインの設定をリセットする
  • Outlookをセーフモードで実行し、欠陥のあるアドインを確認します
  • 新しいOutlookプロファイルを作成する
  • exeを使用してOutlookデータファイルを修復する

上記の手順は、Outlookを起動できない最も一般的なOutlookエラーの修正に役立ちます。 このエラーを詳細に修正する方法を知るには、エラー「Microsoft Outlookを起動できません」の詳細な解決策を確認してください。

上記の手動の方法は、Outlookエラーの修正に役立ちます。 他の複雑なシナリオでは、効果的なPST修復ツールが非常に便利です。

Remo Repair PSTは、Outlookのエラー「Microsoft Outlookを起動できません」を簡単に修正するための高度なスキャンエンジンで設計された最も推奨されるツールです。 今すぐ試用版をダウンロードして、すべてのOutlookエラーを簡単に修正してください。
free-download-for-win

2)      Outlookの送受信エラー:

Outlookでメールを送信できませんか? さまざまなシナリオが原因で、このOutlookエラーが頻繁に発生します。 通常、このエラーが発生すると、受信メールと送信メールの両方が停止します。 このOutlookエラーの背後にあるいくつかの理由を簡単に見てみましょう:

  • ウイルス対策またはWindowsファイアウォールにより、メールの送信が停止されます
  • メールボックス内の疑わしいメール
  • 間違ったOutlookメールアカウント設定
  • 破損または破損したOutlookデータファイル

ユーザーは、電子メールを送信しようとするときにMicrosoft Outlookエラーメッセージを受け取ります。 電子メールを送受信しようとすると表示されるさまざまなOutlookエラーコードがあります。

この不明なエラーを受け取ったときの一般的なエラーコードには、0x800ccc0e、0x80040610、0x8004010f、0x8004060c、0x80040600、0x800ccc1a、0x800ccc92、0x8004210aがあります。

Outlookの送受信エラーを修正する最も試行された方法をいくつか見てみましょう。

  • ウイルス対策およびWindowsファイアウォールを無効にする
  • Outlookの受信トレイから疑わしいメールを確認して削除する
  • Outlookアカウントの設定を修正する(送信SMTP)
  • 送信トレイをクリアしてサーバータイムアウトを変更する
  • 受信トレイ修復ツールを使用してPSTファイルを修復する

これらは、この一般的なOutlookエラーを修正するために自分で試すことができる手動の解決策の一部です。 ただし、詳細なガイドを確認して、Outlookの送受信エラーを修正することもできます。

上記の手動の方法は、Outlookの送受信エラーを修正するのに役立ちます。 上記の方法でOutlookエラーを修正できない場合は、PST修復ツールの使用を検討する必要があります。

Remo Repair PSTは、PSTファイルを修復してOutlookの送受信エラーを修正するように作られた受賞歴のあるソフトウェアです。 使いやすいソフトウェアにより、初心者ユーザーであっても、ファイルを復元するプロセスを簡単に実行できます。 このソフトウェアは完全に無料でダウンロードでき、Windowsオペレーティングシステムのすべてのプラットフォームで試すことができます。
free-download-for-win

3)      Outlookデータファイルアクセスが拒否されました:

Outlookデータファイルアクセス拒否エラーの発生は一般的です。 このOutlookエラーは、古いOutlookデータファイルをインポートまたは開くときに、新しいPCでOutlookデータファイルを開こうとすると発生します。

このOutlookエラーの背後にある主な理由は、ローカルアカウントでOutlookデータファイルを開こうとしていることです。 このOutlookエラーを修正する解決策は以下のとおりです:

  • Outlook PSTファイルのプロパティを変更する
  • 管理者権限でOutlookを開く
  • Outlookデータファイルの場所を変更する
  • Outlookデータファイルをスキャンして修復する

上記の解決策はいずれも、Outlookエラーの修正に役立ちます。 また、Outlookデータファイルへのアクセス拒否を修正するための詳細なウォークスルーを行うこともできます。

4)      Outlookの添付ファイルを開けません:

Outlookのエラーは、機能と同様にさまざまです。 このエラーは、Outlookの添付ファイルを開けません。これは、Outlookのエラーの1つです。 エラー名からわかるように、ユーザーはOutlookメールの添付ファイルを開くことができません。 それは重要な単語文書またはエクセルシートである可能性があり、本当に苦労する可能性があります。

以下で説明するように、このOutlookエラーの原因のいくつか:

  • 認識されないファイル形式
  • 疑わしい添付ファイル
  • 圧縮ファイル
  • 破損したファイル
  • 欠陥のあるOutlookアドイン
  • 破損したOutlookデータファイル

これらは、Outlookで添付ファイルが開かない理由の一部です。 次に、このエラーを修正する解決策を見てみましょう。

このOutlookエラーを修正するには、以下の手順に従ってください:

  • 欠陥のあるアドインを確認する
  • ファイアウォールとウイルス対策を無効にします
  • 不審なメールや添付ファイルがないか確認する
  • exeでOutlookデータファイルを修復する

上記の方法でOutlookエラーを修正できるはずです。 また、Outlookの添付ファイルを開けない問題を修正する方法の詳細な説明を確認することもできます。

上記の手動による方法よりも簡単で自動化されたプロセスを探している場合は、PST修復ツールを使用することをお勧めします。

Remo PST修復ツールは、電子メール、連絡先、メモなどのすべてのOutlookデータアイテムを添付ファイルとともに回復するように設計されています。 ソフトウェアのシンプルなユーザーインターフェイスは、3回のクリックですべてのOutlookデータを回復できます。
free-download-for-win

5)      OutlookCRCエラー:

Outlookの巡回冗長検査エラーは、ユーザーコミュニティ全体で最も一般的なOutlookの問題の1つです。 このエラーは、Outlookアプリケーションの問題を示しているのではなく、PSTファイルがあるハードディスクの場所でエラーが発生していることを示しています。 ただし、PSTファイルが破損する可能性を排除することはできません。

CRCを自分で簡単に修正するには、次の手順に従ってください:

  • ハードディスクでchkdskを実行します
  • exeを実行する

これらの2つの手順により、CRC Outlookエラーが修正される可能性があり、PSTファイルに破損がある場合は修復されます。 詳細なウォークスルーを確認できます PSTファイルのCRCエラーを修正する方法

上記の方法でエラーを修正できない場合は、PST修復ツールを試すことをお勧めします。

Remo Repair PSTツールは、OutlookCRCエラーを修正する最善の方法です。 ソフトウェアの高度なアルゴリズムは、ファイルのコピーを作成し、ファイルのさらなる破損を防ぐために動作します。 試用版をダウンロードして、自分で試してください。
free-download-for-win

6)      OutlookMAPIエラー:

Mapiエラーにより、コンピューターからのメールの送受信がブロックされます。 Messaging Application Programming Interfaceとして知られるMAPIは、コンピューターからのメールの送受信を担当します。 したがって、コンピュータとメールサーバー間のブリッジとして機能します。

このエラーの背後にある主な理由は、mapi.dllファイルの損傷または破損が原因です。 msmapi.dllファイルに関連するこのOutlookエラーを修正する解決策は以下のとおりです:

  • サーバーとコンピューターの接続を確認します
  • 古いmapi dllファイルの名前を変更して実行しますexe
  • 活用するexe mapi.dllエラーに関連するエラーを修正するには
  • 受信トレイ修復ツールを使用してOutlookデータファイルを修復する

上記のソリューションのいずれかは、Outlookエラーを潜在的に修正する必要があります。 あなたはもっと知ることができます OutlookでMapiエラーを修正する方法。 上記のいずれかがOutlookエラーの修正に失敗した場合は、Remo Repair PSTを使用してください。

レモPST修復ツールは、MAPIエラーなどのOutlookエラーを修正するために作られています。 このツールは、圧縮され、パスワードで保護され、破損したファイルでも簡単に機能するように設計されています。 このツールは、成功した結果を確認するためのユーザーへの無料トライアルを促進します。 今すぐダウンロードして、100万人以上のユーザーコミュニティに参加してください。
free-download-for-win

Remo Repair PSTの利点:

  • 電子メール、連絡先、メモなどのOutlookアイテムの迅速な回復を保証します。
  • あらゆる種類の圧縮され、パスワードで保護されたPSTファイルで簡単に動作するように設計されています
  • 破損した破損した破損したPSTファイルをすばやく修復します
  • Outlookスタイルのブラウザーで復元されたデータのプレビューを容易にします
  • Outlook 2003、Outlook 2007、Outlook 2010、Outlook 2013、Outlook 2016のすべてのバージョンをサポート

Outlookエラーを回避するためのヒント:

予防は治療よりも優れていると言われているように、将来的にはOutlookのエラーを回避することをお勧めします。 以下は、一般的なOutlookエラーを回避できるヒントの一部です:

  • PSTファイルの定期的なバックアップを常に取ってください
  • 考えられるウイルス攻撃からコンピューターを保護する
  • Outlookアプリケーションを常に最新の状態に保つ
  • Outlookの受信トレイに注目し、疑わしいメールを削除します
  • 適切な注意を払って大きなメールを処理する

最終的な考え:

同じ傘の下で、通常のOutlookユーザーが質問に回答し、Outlookの問題を解決するのに最適な方法ではありませんか。 この記事は、直面する最も一般的なOutlookエラーのいくつかに関するすべてのクエリに確実に回答することを目的としています。 Outlookの最も一般的なエラーとこの問題を解決するための解決策に関するこの記事についてのご意見を以下のコメントセクションでお知らせください。

一般的なOutlookエラーの修正方法| 有用な洞察 was last modified: 1月 21st, 2020 by Remo Software

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*