Outlook 2016の一時的なメールボックスエラーに対処するためのベストプラクティス

「Outlook 2016一時メールボックスエラー」は、通常、Outlook 2016アカウントがOffice 365に変換され、Office 365ユーザーとしてOutlookを開いたときに発生します。 他の場合では、以前のバージョンからOutlook 2016にアップグレードするときにユーザーにエラーが発生したことも報告されています。 注:エラーメッセージがポップアップ表示されると、[一時メールボックスを使用する]オプションが表示されます。データを失う可能性があるため、このオプションは使用しないでください。 「一時的なメールボックスエラー」の問題を解決するために、この記事ではシンプルで効果的なソリューションをいくつか提供します。 解決策1:プライマリ以外のすべてのOutlookプロファイルを削除する 閉じるOutlook 開いたControl Panel (ショートカットは、Windows + Xをクリックし、メニューから[コントロールパネル]を選択することです。) タイプMail コントロールパネルの検索ボックスでクリックします 選ぶShow Profiles そして、 Mail 表示されるダイアログボックスで、profile 削除してクリックしたい Remove 「キャッシュされたコンテンツは削除されます」という警告が表示されます。 必要に応じて、キャッシュされたコンテンツ(.ostファイルと呼ばれる)のバックアップを作成して続行できます。 同じ手順に従って、すべてのアカウント(プライマリプロファイルを除く)を削除します。 次に閉じますMailダイアログボックスと開始 Outlook このソリューションは、いくつかのケースで機能することが報告されています。 それでも問題が解決しない場合は、次の手順に進みます。 解決策2:新しいOutlookプロファイルを作成する このソリューションでは、新しいOutlookプロファイルを作成し、ユーザーのプライマリプロファイルを削除します。 開いたOutlook そして選択 File > Account Settings > Manage Profiles 選択するShow Profiles > Add 「プロファイル名」を割り当てて選択Ok 新しいOutlookプロファイルを作成したら、以下の手順に従って、以前のプライマリプロファイルを削除できます。 開いたControl Panel そしてタイプ Mail 検索ボックス内 クリックMail そして選択 Show Profiles; 表示されるダイアログボックスで、削除する「以前のプライマリユーザーアカウント」を選択し、[削除]をクリックします の中にMail ダイアログボックスで、[常にこのプロファイルオプションを使用する]を選択し、作成した新しいプロファイルを選択します 新しいプロファイルを作成してOutlookで使用できるように設定したら、「一時的なメールボックスエラー」を解決する必要があります。 「一時的なメールボックスエラー」以外に、メールの送受信ができない、Outlookが頻繁にフリーズするなど、Outlookに他の問題が見つかる場合があります。このような問題の主な理由は、PSTデータファイルの破損です。 それらを修復するために、コンピュータに存在するScanpst.exeと呼ばれる組み込みツールを使用できます。 Scanpst.exeを実行する方法? Scanpstの場所は、Outlookのバージョンごとに異なります。詳細については、お使いのバージョンのOutlookのScanpst.exeの場所を参照してください。 Scanpstを見つけたら、ツールを実行し、修復するPSTファイルを選択します。 PSTファイルが修復され、Outlookが再び動作するようになります。 ただし、ScanpstがPSTファイルの修正に失敗した場合は、Remo Repair PSTなどの専用ツールを使用できます。 今すぐ体験版をダウンロード! Remo Softwarewww.remosoftware.com/

オフライン時にOutlookを開けない-修正方法

Outlookは、「オフラインモード」を使用してインターネットに接続していない場合でも使用できます。 「オフラインモード」では、メールメッセージの読み取りや作成、カレンダーや連絡先の編集などのタスクを実行できます。このモードは、旅行中やインターネット接続が制限されている場合に特に便利です。 Outlookで「オフライン」で作業するには、「OST」と呼ばれるファイルを使用します。 それらはローカルコンピュータのサーバーに情報のコピーを保存します。 この情報により、インターネットに接続せずにOutlookを使用できます。 インターネット接続が確立されると、OSTファイルはサーバーのメールボックスのデータと同期します。 エラー–「オフライン時にOutlookを開けません」 オフラインモードは便利ですが、一部のユーザーはオフラインモードを使用するときに問題を訴えます。 この記事では、「オフライン時にOutlookが起動しない」という一般的なエラーと考えられる解決策に焦点を当てています。 エラーは次のとおりです。 「Microsoft Outlookを起動できません。 Outlookウィンドウを開けません。 フォルダのセットを開くことができません。 サーバーへの接続がオフラインであるため、操作を実行できません。」 エラーの解決策に進む前に、考慮すべき重要な点は、この状況は主にオフラインでOutlookを起動しようとしたときに発生することです。 Outlookを既に開いており、オフラインモードに切り替えている場合は表示されません。 解決策1:メールナビゲーションの[お気に入り]をオフにする 通常、フォルダーがお気に入りリストにある場合(主にIMAPフォルダー)、Outlookはサーバーが接続されるのを待機するため、Outlookが「オフライン」のときに問題が発生します。 これを解決するには、メールナビゲーションで[お気に入り]を[オフ]にします。 これを行うには、 ‘View’ メニューとチェックを外します ‘Favourites’ フォルダペイン内。 これは、場合によっては問題の解決に役立ちます。 解決策2:OSTファイルを再作成する 場合によっては、OSTファイルが破損していると、Outlookがオフラインモードで動作しないことがあります。 に Outlookエラーを解決する, 古い.ostファイルを削除して、ファイルを再作成できます。 古い.ostファイルを削除するには、以下の手順に従ってください。 Outlookを閉じて開きます ‘Run’ 押して ‘Windows + R’ キー 次に入力します ‘%LOCALAPPDATA%\Microsoft\Outlook\’ そしてヒット ‘Enter’ 「.ost」ファイルを選択してヒット ‘Delete’ ファイルを削除するには old.ostファイルを削除したら、以下の手順に従って簡単に新しいOSTファイルを作成できます。 に行く ‘File’ メニューをクリックして ‘Info’ 選択する ‘Account Settings’ > ‘Microsoft Exchange’ > ‘Settings’ クリック ‘More Settings’ そして選ぶ ‘Advanced Tab’ > ‘Offline folder file settings’ OSTファイルの保存先を選択し、 ‘Ok’. エラーが発生した場合、「。ostファイルが見つかりませんでした。 再作成しますか?」 「Yes」をクリックして続行します。 これにより、新しいOSTファイルが作成されます。 「Outlook」を再起動して、問題が解決したかどうかを確認します。 ただし、古い.ostファイルを削除して新しいファイルを再作成する手間をかけたくない場合は、OST to PSTコンバーターを使用できます。 これはOSTファイルを修復してPSTに変換するのに役立ちます。 変換後、メール、連絡先、カレンダーなどのすべてのOutlookアイテムが新しいPSTファイルに保存されます。 このソフトウェアは、Outlook 2016を含むすべてのバージョンのOutlookで動作するように設計されています。同期の問題や、数回のクリックでハードウェアまたはソフトウェアのエラーが原因で破損した.ostファイルを修復するために使用できます。 .ostファイルの破損を回避する .ostファイルの破損を回避するには、Outlookを適切に終了してください。 また、インターネット接続が遅すぎる場合は、サーバーとファイルを同期しないでください。 破損や損傷を防ぐために、.ostファイルがサイズ制限内であることを確認してください。 さらに、大規模なPSTファイルの問題を扱ってきた場合。 クリックして、大きすぎるpstファイルを修正する方法を学びます。 Remo Softwarewww.remosoftware.com/

メールの並べ替えオプションを使用してOutlookをより効率的にする

私たち全員が、Outlookの受信トレイが溢れすぎて混乱していると感じる瞬間があります。 これは私たちの生産性に直接影響します。 このガイドは、簡単に並べ替えプロセスをスムーズに進み、Outlookルーチンを最も簡単にするための計画を立てるのに役立ちます。 以下に示すように、[表示]タブのOutlookの並べ替えオプションと少しの計画を利用して、ほとんどのゴミを取り除くことができます。 以下に示すように、これらの並べ替えオプションはメールボックスの上にもあります: 以下は、それぞれの機能で使用可能なソートオプションです: 上記のソートオプションは一目瞭然ですが、重要なのはそれらを効果的に使用することにあります。 Outlookユーザーの幅広い基盤を考慮して、Outlookのバージョンに関係なく、メールボックスを整理する次の戦略を提案します。 並べ替えオプションを使用して受信トレイを管理するための推奨手順: ヒント 1: まず、メールを date. すべてのメールを年にちなんで名付けられたフォルダにグループ化します。 ヒント 2: すべてのメールを年ごとにグループ化したら、好みや重要性に応じてサブフォルダーを作成します Current/Old projects, 学者、フォローアップが必要など ヒント 3: によって作成された対応するすべてのサブフォルダ date or preference, ソートオプションを使用して、不要になったスパム、販売、ニュースレターを特定し、削除します。 ヒント 4: Unsubscribe さらなる困難を避けるために、不要な送信者に。 ヒント 5: の監視 Subjects または Posts 完了しているプロジェクトや、もはや関係のない締め切りに関連付けられ、それらを削除する。 ヒント 6: 残りのメッセージをグループ化します category 学者のような、個人的な、仕事などの使用 sort by Attachments メールをさらに絞り込むため。 ヒント 7: すべてのメールが現在の宛先フォルダーに整理されたので、残りのフォルダーに対して同じプロセスを繰り返します。 あいまいさが少なくなり、破棄が容易になるため、古いフォルダーを処理する方がはるかに簡単です。 ヒント 8: Outlookメールを定期的に廃棄すると、Outlookデータファイルのサイズが小さくなり、アクセスできないデータファイルエラーが防止されます ヒント 9: 自動アーカイブオプションを使用して、頻繁に参照する必要のないメールを自動的にアーカイブします。 ヒント 10: 6か月ごとにすばやく迂回すると、受信トレイがさらに最適化されます。 あなたを確認してください turn off ソーシャルネットワークからのあらゆる種類の自動通知。 これにより、生産性が向上します。 ヒント 11: 適切なプラグインを使用して、Outlookエクスペリエンスを最適化し、容易にします。 詳細については、次のリンクをクリックしてください。 Microsoft Outlook用の上位25のプラグインとアドイン Outlookを監視するためのその他のツールとヒント: Outlookアイテムをパーソナライズするには、色分類オプションを使用します。 これにより、特定のプロジェクトまたはカテゴリのメール、イベント、会議を色で簡単に区別できます。 関与せずに、メールの宛先を指定されたフォルダに定義するOutlookルールを作成します。 自動アーカイブオプションを使用すると、古いOutlookメールを別のPSTファイルに保存して、元のファイルをコンパクトに保つことができます。 大きなPSTファイルは、アクセスの問題を引き起こし、破損する傾向があります。 予防策として、定期的にOutlook PSTファイルのバックアップを取得してください。 Outlookデータバックアップの利点: 誤って削除したメールは、バックアップファイルから復元できます。 Outlookデータを新しいOutlookバージョンまたは別のOSに簡単に移動します。 Outlookデータをあらゆる種類のウイルスから保護します。 結論: 上記のアプローチと管理方法は、労力と時間を伴う可能性がありますが、確かにやりがいがあります。 Outlook 2019は2018年後半にリリースされる予定です。このスペースで最新のアップデートとヒントを入手してください。 Remo Softwarewww.remosoftware.com/

PSTにOSTを回復するための最もフォローされている2つの方法

ここにいる場合は、OSTデータをOSTからPSTに復元する方法を探していることを意味します。 OSTからPSTにデータを回復する理由は3つだけあります。 OSTデータのバックアップをPSTファイルに作成したり、Outlookを新しいコンピューターにエクスポートしたり、OutlookアプリケーションまたはOutlookデータファイルでエラーが発生したりする可能性があります。 最初の2つのケースではパニックの理由はありませんが、シナリオ3に直面している場合は、以下のリンクをクリックして、OSTデータをPSTデータファイルに復元するインスタントメソッドを使用することをお勧めします。 OSTをPSTに回復するインスタント方法 Outlookは、OST(オフラインストレージテーブル)とPST(個人用ストレージテーブル)の2つの異なるファイルにデータを保存します。 PSTファイルはハードドライブにローカルに保存され、ユーザーはOutlook関連のエラーが発生した場合にコピーするだけでPSTファイルをバックアップできます。 残念ながら、OSTファイルの場合はそれほど単純ではありません。 つまり、OSTファイルを単にコピーして貼り付けることはできません。 したがって、最善の方法は、OSTデータをPSTファイルに復元し、PSTファイルをバックアップとして使用することです。 OSTをPSTファイルに復元するために専門的に提案された方法が2つあり、次のセクションで見つけることができます。 OSTファイルをPSTファイルに復元する方法[手動] Outlookには実際には、OSTファイルのPSTファイルからデータを回復するのに役立つエクスポートおよびインポートユーティリティがあります。 すべてのメールボックスコンポーネントをPSTファイルにエクスポートするだけです。 以下は、OSTファイルをPSTファイルに手動で回復するための手順です。 に行くfiles > Open & Export > Import/ Export の中にImport/ Export > Export to File > Outlook Data File (.pst) 「エクスポート元のフォルダーを選択してください」ウィンドウで、PSTファイルに復元するファイルを選択します 参照をクリックして、目的の場所に言及し、完了をクリックします プロセスが完了したら、Outlookアプリケーションを終了し、PSTファイルを保存した場所に移動します。 このPSTファイルには、OSTファイルから復元したデータが含まれます。 ただし、ユーザーがOSTデータをPSTに復元するいくつかのシナリオは、ユーザーのOutlookデータファイルに差し迫った脅威がある場合、またはユーザーがOutlookアプリケーションにアクセスできない場合です。 マイナーなエラーの場合、間違いなく上記の方法を使用して、OSTファイルのデータをPSTに回復できます。 エラーの処理が複雑で、Outlookアプリケーションにもアクセスできない場合はどうなりますか? Outlookを機能させることなくOSTデータをPSTファイルに復元する方法があるとしたらどうなりますか? はい、Remo OSTからPSTへのコンバーターを使用すると、3回のクリックでOSTをPSTに回復できるシンプルなアプリケーションです。   OSTをPSTに回復するための手順 Remo OSTからPSTへのコンバーター OSTデータをPSTファイルに取得することで有名な専門的なツールです。 さらに、Outlookで作成したフォルダー構造は、復元したPSTファイルをインポートするとそのまま残ります。 だから今すぐダウンロードし、PSTコンバータツールにレモOSTをインストールし、以下の手順に従ってください。 OSTファイルの場所がわかっている場合は、[OSTファイルを開く]オプションをクリックします。 場所がわからない場合は、[OSTファイルを検索]オプションをクリックします。 ツールはコンピューター全体をスキャンし、コンピューターに存在するすべてのOSTファイルを見つけます。 必要なOSTファイルを選択し、次へをクリックします 最後に、参照をクリックして、OSTファイルから回復したデータを含むPSTファイルを保存する宛先を設定します。 OSTファイルのデータ全体をPSTファイルに復元したら、PSTファイルを安全にバックアップし、Outlook関連のエラーを修正します。後で、OSTデータを含むPSTファイルをインポートできます。 ただし、バックアップを設定したり、Outlookを新しいコンピューターにエクスポートしたりする目的で、OSTデータをPSTファイルに復元しようとしているユーザーである可能性もあります。 効率的な方法を模索している場合は、 Remo Outlookバックアップと移行。 Remo Outlookバックアップと移行は、すべてのOutlook関連のニーズと行為を解決するように設計されたツールです。 スマートバックアップオプションを使用すると、タイムリーなバックアップをスケジュールし、必要な場所にリソースを集中させることができます。 移行オプションを利用することで、ユーザーはOutlookデータファイルを暗号化して、新しいコンピューターにエクスポートできます。 Remo Outlook Backup and Migrateは、Outlook関連のすべての問題を把握するのに役立つ最良のオプションです。 Remo Softwarewww.remosoftware.com/

解決済み-Outlookがログオンできません。ネットワークに接続されていることを確認してください

新しいOSをインストールしたか、システムを再インストールしたユーザーは、Outlook 2016、2013、2010、および以前のバージョンなど、異なるバージョンのOutlookで作業しているときに特定のエラーに直面した可能性があります。 新しいオペレーティングシステムで初めてOutlookアプリを開いているときに、ユーザーが次のエラーメッセージを処理した可能性があります: 以前に電子メールアドレスを提供した場合でも、アカウントにログオンしたり、電子メールを送信したりできない場合があります。 あなたが日常的にOutlookを使用している人であれば、この記事の以下に、Windows 10でこのOutlookエラーを修正するための段階的なガイダンスを示します。 Outlookに「Outlookがログオンできません…」というエラーが表示されるのはなぜですか? ログイン情報など、Outlookアカウントに関するさまざまな情報がOutlookユーザーのプロファイルに保存されます。 したがって、Outlookアカウントにログオンできない場合、Outlookプロファイルが破損している可能性があります。 そのため、アカウントを再度使用するには、Outlookプロファイルを修復する必要があります。 Windows 10で破損したOutlookプロファイルを修復することによってのみ、「Outlookはログオンできません…」エラーを修正できます。破損したOutlookプロファイルに対処するためのさまざまな手順は、この記事の以下に記載されています。 Windows 10で「Outlookがログオンできない…」エラーを修正する手順 Windows 10でこのエラーを修正するには、4つの最適な方法があります。これらの方法については、この記事の後半で段階的に説明します。 最初の方法を見てみましょう: 方法 I: Windows 10 PCのネットワーク接続を確認します。 Windows 10でネットワーク接続に関連する問題があるかどうかを確認してください。これを行うには、 Start Menu, その後、をクリックしてください settings アイコン、および選択 Network and Internet オプション。 [ネットワークとインターネット]セクションで、インターネットに接続しているかどうかを確認できます。 接続に問題がなければ、次の方法に進んでください。 方法 II: PCをセーフモードで起動し、Outlookを実行します。 セーフモードでは、最小限の数のプログラムを実行するだけで、問題の根本を簡単に理解できます。 Windows 10 PCをセーフモードで起動するには、以下の手順に従ってください。 ステップ I:  を押す ‘Shift’ 上のボタンをクリックrestart オプション。 次に、次の画面が表示されます。 ステップ II: 上記のウィンドウで、をクリックしてください ‘Troubleshoot’ リストに表示されたオプションをクリックして、 ‘Advanced Options’ 次の画面が表示されます: ステップ III: オプションのリストから、をクリックしてください ‘Startup Settings’ ウィンドウで提供されるオプション。 次のリストが表示されます: ステップ IV: F4、F5、またはF6ボタンを押して、Windows 10のセーフモードに入ります。 Outlookを使用しているときにWindows 10でセーフモードに入ると、これらのエラーの原因となっている問題を簡単に特定できます。 方法 III: 破損したOutlookプロファイルを修正してエラーをクリアします。 プロファイルを使用して重要なデータを管理するには、Outlookプロファイルの破損を削除する必要があります。この方法では、ツール内で提供される修復オプションを使用してエラーを修正します。 ステップ I: WindowsのでOutlook 2016を開き、に行きます File メニューを選択してから Account Settings 下図に示すように: ステップ II: [アカウント設定]ウィンドウに、[メール]セクションが表示されます。 そこから、図に示すように、現在のプロファイルを選択し、ウィンドウ内の[修復]オプションを押します。 この例では、Outlook 2016の例を使用しています。 Outlook 2010または2013を使用している場合は、同じ手順に従ってプロファイルを修復できます。 Outlook 2007を使用している場合は、 Tools > Account Settings > Email > Repair. 修復プロセスが終了したら、PCを再起動して変更を有効にする必要があります。 コンピュータにログインしたら、Outlookがこれらのエラーの表示を停止していることを確認してください。 Outlookがまだエラーを表示している場合は、次の方法に進みます。 方法 IV: 上記の手順で問題が解決しなかった場合は、新しいOutlookアカウントを作成して、メールやその他のデータを管理できるようにすることをお勧めします。 新しいOutlookプロファイルを作成するには、以下の手順に従ってください: ステップ I: に行く Control Panel. ステップ II: 検索する Mail をクリックして Mail オプション。 ステップ III: を選択した後 Mail オプションを選択すると、次のウィンドウが表示されます。 ここから、 ‘Show Profiles…’ 図で強調表示されているオプション。 ステップ IV: クリックした後 ‘Show profiles’, 次のウィンドウが表示されます。 次のウィンドウで、をクリックしてください

Outlookで「メッセージングインターフェイスが原因で不明なエラーが発生しました」を修正

MS Outlookは電子メールおよび情報管理に最も広く使用されているアプリケーションですが、多くのユーザーは発生した問題やエラーメッセージについて不満を持っています。 この投稿では、「メッセージングインターフェイスが原因で不明なエラーが発生しました」という一般的なエラーについて説明します。 エラーを解決するための潜在的な解決策をいくつか提供します。 このエラーは、さまざまな状況で発生する可能性があります。 たとえば、メールメッセージを開こうとしたり、メールを作成/返信したりするときに発生します。 PSTファイルをエクスポートするときにも表示されます。 したがって、このエラーは特定の状況に固有のものではありません。 Outlookでこのようなエラーメッセージに遭遇すると問題が発生する可能性があり、すぐに解決する必要があります。 では、エラーを解決するための解決策を見てみましょう。 解決策1:互換モードを無効にする 互換モードは、古いオペレーティングシステムでOutlookを実行する場合に便利ですが、これにより特定の競合が発生する可能性があります。 互換モードを無効にし、問題の解決に役立つかどうかを確認します。 これを行うには、Outlook.exeファイルを見つける必要があります。 Outlook 2010で、それがありますC:\Program files\Microsoft Office\Office 14 Outlook 2013で、それがありますC:\Program files\Microsoft Office\Office 15 exeファイルを見つけたら、それを右クリックして選択しますPropertiesそしてクリック the Compatibility tab. ボックスをオフにします ‘Run this program in compatibility mode’ そしてクリックApplyそしてOk エラーが続くかどうかを確認します。 ある場合は、次の手順に進みます。 解決策2:コンパクトPSTファイル Outlookが大きすぎるPSTファイルを使用している場合、エラーが発生する可能性があります。 PSTファイルには特定のサイズ制限があり、制限を超えると、Outlookが不安定になったり、エラーが発生したりする場合があります。 以下の手順に従ってPSTファイルを圧縮し、問題の解決に役立つかどうかを確認します。 クリックFile > Account Settings > Account Settings クリックData files tab圧縮したいデータファイルを選択します 次にクリックSettings > Advanced tab > Outlook data file settings ダイアログボックスに表示されますが、クリックしていることCompact Nowそしてクリック Ok 解決策3:Scanpst.exeを実行する PSTファイルを圧縮しても問題が解決しない場合は、エラーの他の理由が考えられます。 PSTファイルが破損している可能性があります。 そして、これは、PSTファイルにアクセスしている間にOutlookが不適切に閉じられた、またはPSTファイルを妨害するサードパーティのツールが原因で発生する可能性があります。 PSTファイルを修復すると、ほとんどの場合、エラーの解決に役立ちます。 この目的のために、Scanpstと呼ばれる組み込みツールがあります。 Scanpstの場所は、すべてのOutlookバージョンで異なります。 まず、検索バーでexeを検索します。 ツールが見つかったら、それをダブルクリックしてアプリケーションを実行します。 次に、PSTファイルの場所を特定する必要があります。 クリックFile > Account Settings > Account Settings. クリックData files tab, PSTファイルを識別し、場所を書き留めます。 次にクリックしますBrowse 修復するPSTファイルを選択します。 ツールはファイルをスキャンしてエラーをチェックし、スキャンレポートが表示されます。 何らかのエラーが見つかった場合は、クリックしてくださいStart 修復プロセスを開始します。 修復時間は、破損のレベルとファイルサイズによって異なります。 修復プロセスが完了すると、成功のメッセージが表示されます。 そうでない場合は、エラーが修正されるまでプロセスを繰り返します。 それが正常に完了すると、PSTファイルが修復されます。 ただし、Scanpstはすべての種類のエラーを修復するわけではありません。 プロのPST修復ツールが最良の選択肢です。 Remo Repair Outlook(PST)修復ツールが一番の選択肢です。 PSTファイルの破損を修復し、削除された電子メール、および連絡先、カレンダー、メモ、タスク、RSSフィード、設定などの他のOutlook属性を回復するように設計されています。このソフトウェアは、Outlookで削除された電子メールを回復するためにも使用できます。 Remo Softwarewww.remosoftware.com/

Outlook予定表をエクスポートする方法?

カレンダーは、Microsoft Outlookの最も顕著な機能の1つです。 Outlookの予定表を使用すると、会議を設定したり、予定やイベントを整理したり、職場のコミュニケーションを改善したりすることができます。 この記事では、Outlookカレンダーを新しいコンピューターにエクスポートする方法、またはカレンダーをExcelシートにエクスポートする方法を学びますが、最後に、Outlookを新しいコンピューターに移動する最も簡単な方法. 記事の最後までこだわってください。失望しないことをお約束します. 目次 OutlookカレンダーをExcelスプレッドシートにエクスポート OutlookカレンダーをPSTファイルにエクスポート Outlookの予定表およびその他の属性を別のまたは新しいコンピューターに移動する方法 OutlookカレンダーをGoogleカレンダーに転送する   OutlookカレンダーをExcelスプレッドシートにエクスポート OutlookカレンダーをExcelスプレッドシートにエクスポートまたは移動するには、下記の手順に従ってください: Outlookを開き、クリックしますfile に行くOpen & ExportそしてクリックImport or Export を選択Export to fileそしてクリックnext 選択するComma Separated Values そしてクリックnext クリックFinish 日付範囲を指定します。 日付範囲に言及しないと、OutlookカレンダーをExcelにエクスポートするプロセスには時間がかかります. OutlookカレンダーをPSTファイルにエクスポート コンピューターでOutlookを開き、以下の方法に従ってOutlookをPSTファイルにエクスポートします: クリックFile に行くOpen & Export 次に行きますImport or ExportそしてクリックExport to file そしてクリックnext 選択するOutlook data file (.pst) 次のウィンドウで選択しますOutlook Calendarフォルダをクリックしてnext クリックBrowse ファイルの場所と名前を指定します そして最後にfinish ボタン これで、OutlookカレンダーをPSTファイルに正常にエクスポートできました。 PSTファイルに問題があるか、破損または破損している場合は、 ここでPSTファイルを修復する方法. Outlookの予定表およびその他の属性を別のまたは新しいコンピューターに移動する方法? Outlookの予定表を、電子メール、連絡先、メモなどの他の属性と一緒に、完全に自動化されたプロセスで移動できます。 あなたがしなければならないすべては利用することですRemo Outlook バックアップと移行ツール. Remo のバックアップと移行Outlookは、Outlookデータの安全なバックアップと、デバイス間およびOutlookバージョン間でのデータの迅速な転送を保証するために開発された専用ツールです。 このツールは間違いなく、Outlookデータを手動で移動する方法に対して必要です。 今すぐダウンロードしてお試しください. OutlookカレンダーをGoogleカレンダーに転送する OutlookカレンダーをGoogleカレンダーにエクスポートするプロセスは、2つの部分に分けることができます。1つ目はカレンダーをエクスポートすること、2つ目はカレンダーをGoogleカレンダーにインポートすることです。: Outlook予定表のエクスポート 開いたOutlook クリックCalendar 次にクリックしてくださいfileそして選択save calendar 保存する名前と場所を指定してクリックSave クリックした後Save あなたは尋ねられますmention date range 範囲を挙げてクリックfinish GoogleへのOutlookカレンダーのインポート OutlookカレンダーをGoogleカレンダーにインポートするには、以下の簡単な手順に従ってください: 開いたGoogle CalendarそしてクリックSettings 選択するImport and Export クリックSelect the file from your computerそして今、あなたは選択することができますexported Outlook calendar インポートをクリックすると、追加が完了しますexported Outlook CalendarGoogleカレンダーに   最終的な考え: 上記のすべての方法は、確実にOutlookカレンダーのエクスポートに役立ちます。 すべての手動による方法の中で、Remoを使用してOutlookを完全に自動化して移行する方法は、安全で迅速なバックアップと移行プロセスに最適な方法です。. Remo Softwarewww.remosoftware.com/

OutlookがOSTエラーの古いコピーを使用していることを解決する

Outlookファイルにアクセスしようとすると、次のエラーメッセージが表示される場合があります “Outlook is using an old copy of Outlook data file (.ost). Exit Outlook deleted the file, and restart Outlook. A new file will be automatically created the next time you initiate a send/receive” このエラーが発生すると、Outlookのメールにアクセスできなくなります。 幸い、このエラーを修正してOutlookデータにアクセスする方法があります。 記事の最後までこだわることで、問題を解決してデータにアクセスできるようになります。 古いOSTファイルを削除してOutlookプロファイルを再作成します 古いOSTファイルを削除した後、次回アプリケーションを開いたときに、Outlookは新しいOSTファイルを再作成します。 ただし、古いOSTファイルを削除する前に、古いOSTファイルのバックアップを作成することをお勧めします。 古い.ostファイルを安全に削除する方法は次のとおりです。 まず、コンピューターまたはファイルエクスプローラーウィンドウに移動します。 その後、に行きますC:\Users\( login name)\AppData\Local\Microsoft\Outlook 拡張子が.ostのファイルを見つけます。 ファイルをコピーして、デスクトップに貼り付けます。 次に、ルートフォルダーにある元の.ostファイルを削除します。 最後に、Microsoft Outlookアプリケーションを再起動します。 Outlookを再起動すると、送受信プロセスが自動的に開始され、メールに簡単にアクセスできるようになります。 ただし、古いOSTファイルを削除すると、受信トレイのメールを取り戻すのに役立ちますが、カスタム設定、会議のスケジュール、およびその他の属性は役立ちません。 したがって、より安全なオプションは、破損したファイルを修復することです。 Outlookには、Scanpstを使用してOutlookデータファイルを修復するための組み込みユーティリティが用意されています。 このツールを使用すると、破損したOSTファイルをすばやく修復できます。 しかし、Scanpstは小さな破損の修復のみを支援します。 さらに、ScanpstはOSTファイルにさらに損傷を与える可能性があります。 ただし、OSTをPSTファイルに変換することで、OSTファイルの内容に簡単にアクセスできます。 古い破損したOSTファイルを変換するのは難しいかもしれませんが、不可能ではありません。 Remo OSTからPSTへのコンバーターなどの効果的なツールを使用すると、破損したOSTファイルを簡単に修復および変換できます。 ソフトウェアの強力な修復アルゴリズムは、連絡先、会議のスケジュール、ジャーナル、カスタム設定、その他の属性などの情報を失うことなくOutlookデータを変換します。 今すぐソフトウェアをダウンロードしてお試しください。 古いOSTファイルをPSTに変換してデータを操作する 破損したOSTファイルを修復するには、ダウンロードしてインストールします Remo OSTをPSTに変換する 下記の手順に注意深く従うと、OSTファイルの古いコピーからPSTにデータを取得できます。 クリックしてくださいOpen OST File ボタンをクリックして、OSTファイルの宛先に移動します。 ファイル拡張子(.ost)が付いた適切なOutlookプロファイルを選択し、Next 今すぐ、クリックBrowse ボタンをクリックして、変換後のOSTファイルを保存する場所を選択し、 Convert オプション。 最後に、[完了]ボタンをクリックします。 おまけのヒント:OSTファイルでエラーが検出された場合でも、変換方法に従うことができます。 結論 OutlookがOSTファイルの古いコピーを使用していて、電子メールにアクセスできない場合、記事に記載されているように古いOSTファイルを削除すると、この問題を解決するのに役立ちます。 安全のために、古いOSTファイルのバックアップコピーを用意してください。 これは、古いOSTファイルを削除しても同じ問題が発生する場合は、いつでもバックアップファイルを使用してOutlookデータにアクセスできるためです。 ただし、Outlookデータファイルを変換して問題を解決する場合は、Remo OSTからPSTファイルへのコンバーターを使用して、良い結果を得ることができます。 Remo Softwarewww.remosoftware.com/

OSTファイルを修復する3つの簡単な方法| 安全に

OSTファイルは、オフラインストレージテーブルと呼ばれます。 OSTファイルを利用して、オフラインモードでメールの作成、既存のメールの読み取り、メールの削除、リマインダーの設定などを行うことができます。 また、インターネット接続にアクセスできるようになると、OSTファイルに加えられたすべての変更がExchange Serverに同期されます。 OSTファイルがどれほど便利なものであっても、それは依然として破損に対して脆弱です。 ウイルス感染、Outlookの不適切な終了、電力サージの問題などにより、OSTファイルが破損する可能性があります。 OSTファイルが破損しているか、アクセスできない場合でも、心配しないでください。 この記事で説明されている3つの成功した方法を利用して、OSTファイルを修復してみましょう。 方法1:Outlook OST修復ツールを使用して破損したOSTファイルを修復する  Scanost.exeツールを使用して破損したOSTファイルを修復する(Outlook 2003、2002、およびその他の以前のバージョン): Microsoft Outlook 2007以降のバージョンを使用している場合は、ユーティリティのチェックツールであるScanOST.exeを利用して、OSTファイルの小さな破損を修復できます。 Locate そして Open 以下のパスに従ってexeツール。 (Drive:\Program Files\Microsoft Office\Office_version) 例えば: に Outlook 2003: C:Program Files\Common Files\System\MSMAPI\scanost.exe を選択corrupt OST file をクリックして Start ボタンをクリックして、破損したOutlookデータファイルをスキャンします。 今すぐ、クリックRepair OutlookのOSTファイルの修復を開始します。 注意: OSTファイルが著しく破損または損傷している場合、このScanost.exeツールはOutlook OSTファイルの破損を修正できません。 このような場合は、次の方法に進んで、OSTファイルを再作成してください。 Scanpst.exeツールを使用して破損したOSTファイルを修復する(Outlook 2007、2010、2013、2016、2019): Scanpst.exeは、Outlook受信トレイ修復ツールとしても知られています。 Outlook 2007、2013、2016、または2019を使用している場合、このツールを使用して、破損したOSTファイルまたはPSTファイルの両方を修復できます。 Locate そして Open exeツール。 次のパスを使用して、それぞれのOutlookバージョンでScanpst.exeツールを見つけます: に Outlook 2019: C:\Program Files\Microsoft Office\root\Office16\ に Outlook 2016: C:\Program Files\Microsoft Office\Office16 に Outlook 2013: C:\Program Files\Microsoft Office\Office15 に Outlook 2010: C:\Program Files\Microsoft Office\Office14 に Outlook 2007: C:\Program Files (x86)\Microsoft Office\Office12 クリックBrowse ボタンをクリックし、修復する破損したOutlookデータファイルを選択します。 クリックOpen オプションを選択し、 Start ボタン。 チェックまたはティックMake a backup of scanned file before repairing オプションとヒット Repair ボタン。 Outlook OSTファイルの修復プロセスが終了したら、Microsoft Outlookを開いてOSTファイルにアクセスできます。 この方法でOSTファイルを修正できない場合は、次の方法に進んでください。これは、OSTファイルの深刻な破損が原因である可能性があるためです。 方法2:削除して再作成してOSTファイルを修正する   破損したOSTファイルを削除して再作成すると、特定のエラーや損傷を修正するのに役立ちます。 注意: この方法を試す前に、破損したOSTファイルを別の場所または外部ドライブにバックアップすることをお勧めします。 ExchangeサーバーとOSTファイルの間に適切な同期が存在しない場合、この方法でデータが失われる可能性があります。 ただし、この方法を使用すると、破損や損傷が原因でアクセスできないOutlook OSTファイルを簡単に修復できます。 OSTファイルを削除して再作成する手順 クリック Windows+Rキー。 実行ボックスが開きます。 の中にOpen ボックスオプション、タイプまたは貼り付け %localappdata%\Microsoft\outlook そしてクリック OK. これでOSTファイルが見つかります。 今, delete 破損したOSTファイル、そして, open Microsoft Outlook。 これにより、サーバーと同期する前に、以前に保存されたOutlookデータを使用してOSTファイルが再作成されます。 ただし、オフラインモードで作成されたデータまたは電子メールは、Exchangeサーバーと同期されていなければ復元されません。 メソッドを実行した後でもOSTファイルがまだ破損している場合。 次に、リスクなしでOSTファイルを修正するために利用できる唯一の方法は、それを使用してPSTファイル形式に変換することです

解決済み-Outlook送信エラー「1つ以上のパラメーターが無効です」

Outlookでメールを送信すると、「Outlook送信エラー-1つ以上のパラメーターが無効です」というエラーが表示される場合があります。 会議出席依頼の送信、連絡先の保存、予定やタスクの保存などのときにエラーを受け取ることも可能です。 このエラーの主な原因は、オートコンプリートリストの破損です。 オートコンプリートリストをクリアすると、エラーを解決できます。 オートコンプリートリストをクリアする方法? オートコンプリートリストをクリアするには、次の手順に従います。 Outlookを開いへ行きますFile > Options > Mail dialogue クリックEmpty Autocomplete リストオプション これにより、オートコンプリートリストが消去されます。 または、以下の手順で次の方法を試すこともできます。 Outlookを閉じて押しますWindows + R 実行コマンドを開くには 次に、タイプexe /cleanautocompletecache これにより、オートコンプリートリストが完全に消去され、問題が解決されます。 そうでない場合は、Outlookに問題がある可能性があります。 新しいプロファイルを作成して、問題が解決するかどうかを確認できます。 これらの方法で問題が解決しない場合は、PSTと呼ばれるOutlookデータファイルが破損している可能性があります。 このような場合、Scanpst.exeと呼ばれるファイルを修復するための組み込みツールがあります。 これは通常、Outlookのインストールの一部です。 Scanpst.exeを実行する方法? 開いたFile Explorer そして検索 exe 検索バー PSTファイルを参照します。 (PSTファイルの場所を見つけるには、にアクセスしてくださいFile タブをクリックして Account Settings > Account Settings. クリック Data file tab. ここでは、デフォルトのPSTの場所を確認できます) 次にクリック Repairファイルを修復する Scanpstを使用する場合の欠点は、実行に時間がかかる可能性があることです。 ファイルを修正する前に、ツールを複数回実行する必要がある場合があります。 Remo修理Outlook(PST) 代わりに、PSTファイルを修正してOutlookを修復するように設計されたRemo Repairなどの専門的なツールを使用できます。 破損の問題を修正し、すべてのOutlook属性を回復できます。 パスワードで保護された、圧縮された、または特大のファイルで動作します。 このソフトウェアは、削除された個人用フォルダやメールを復元するためにも使用できます。 to、CC、Subなどを含む電子メールのすべての属性を回復できます。 読み取り専用メカニズムを使用し、ファイルの内容を抽出します。 次に、問題を修正し、正常なファイルを作成します。 レモ修復を使用してファイルを修復する手順は、簡単な3ステップのプロセスです。 PSTファイルを修復する方法? メイン画面から、選択corrupt PST file. 場所がわからない場合は、ツールが自動的に検索できるようにします。 次に、2つのスキャンオプションから選択します – Normal or Smart scan修復したファイルを保存する宛先フォルダを選択します クリックRepair 修復プロセスを開始する 修復が完了すると、次のことができますPreview ファイルと宛先フォルダを確認してください Remo Softwarewww.remosoftware.com/